> > 彼の家でお泊まり!「アレの日だと言えない…」彼女はなんと●割も

おすすめ記事一覧

彼の家でお泊まり!「アレの日だと言えない…」彼女はなんと●割も

2015/04/20 11:40  by   | 自分磨き

せっかく大好きな彼の家にお泊まりだというのにやってきてしまったのが“女の子の日”。長い間付き合ってきた彼氏ならともかく、付き合い始めてまだ日が浅い彼氏に「今日は生理なの」と言うのは勇気がいりますよね。

そこで今回はエイチームが実施した「彼の家での生理事情」の調査を参考にしながら、お泊まりデートで“女の子の日”がきてしまった場合の行動についてみていきたいと思います。

 

■“女の子の日”でもお泊まりデートを決行する女性が多数派!

調査の中で「生理中に彼氏の家に泊まりますか?」という質問を行ったところ、「泊まる」と答えた女性が63%、「泊まらない」と答えた女性が37%と、生理の日でもお泊まりデートを決行するという女性が多数派を占めていました。

確かに彼氏に“我慢”してもらう場面もあるかもしれませんが、せっかく大好きな彼氏と一緒にいられるのにお泊まりを取りやめるなんてもったいないことはできませんよね。

また「彼の家でお泊まりの時、生理中であることを彼に伝えますか?」という質問に対しては、93.4%もの女性が「伝える」と回答していました。言えない人は1割にも満たないという結果になりました。

男性の多くは女性の生理が“わからない”だけで、「大変なんだろうな」という理解はありますから、隠さずにちゃんと伝えたほうが、お泊まりデートが上手くいく可能性が高くなると言えそうです。

 

■でも“失敗”することも少なくない

同じ調査の中で、彼氏の家にお泊まりした際の「生理にまつわる失敗談」を聞いたところ、「急な生理で彼に借りていたズボンを汚してしまった」など、彼の家の服やシーツを汚してしまったという回答が寄せられていました。

やってしまうと気まずい問題ではありますが、そこは彼も「大丈夫だよ」と優しく受け止めてくれるはずです。

また「生理がしんどくて彼の家でずっと寝ていた」など、身体に無理をしてお泊まりデートまでこぎつけたはいいものの、それどころじゃなかったという意見も見受けられました。

 

しかし、彼も結婚すれば女性と生活を共にするのですから、いつまでも「知らない」で済ませることはできません。2人の将来を見据えて考えてみても、“女の子の日”であることを必要以上に隠すのではなく、2人で乗り越えていくほうが建設的な対応なのかもしれませんね。

 

【関連記事】

※ カレと長~く愛し合いたいなら「一度は経験しておくべき」アレ

※ え…そこかよ!「ついに女子の裸を見たオトコ」が思うこと5つ

※ エッチな気分が台無し!? 「男性と混浴」でのNGポイント4つ

※ ヤダ大興奮?男が「めちゃくちゃにしてぇッ」となる女性の特徴4つ

※ お風呂でアレがしたい?「彼女とのお風呂」についてオトコのホンネ

 

【姉妹サイト】

※ 笑ったらアウト!仕事中に「不意に襲ってきた笑い」をこらえる方法4つ

※ 男性がこぞってノックアウト!自分でできる「モテネイル」技3つ

 

【参考】

彼の家での生理事情 – エイチーム

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'fumihira'の過去記事一覧