> > 男が「この俺に惚れてやがるな?」と勘違いする謎を解明

おすすめ記事一覧

男が「この俺に惚れてやがるな?」と勘違いする謎を解明

2011/09/02 18:00  by   | カップル, デート, モテる女, 出会い, 男性心理

気になる男性から優しくされて、「もしかして脈あり?」と思っていたら、あとで彼女がいることが判明して、がっかりしたことはありますか?

逆に、全く思いもよらない男性から言い寄られて拒否したら、「そっちから誘ってきたのにだまされた!」なんてキレられたことはありませんか?

こうした「あの人は自分に気がある」という勘違いは、医学博士・姫野友美氏の著書『男はなぜ急に女にフラれるのか?』によると、男性のほうが女性よりも多いそうです。

一体なぜ、男性は勘違いしやすいのでしょうか? 男性の驚くべき頭の中を解明します。

 

■女性には信じがたい男性の妄想

姫野氏によると、男性は女性の一挙一動に対し、性的な意味づけを加える傾向が強いとのこと。たとえば、たまたま目が合っただけでも、それを自分への好意だと受け取りやすいのです。

ここで、姫野氏の著書で述べられていた心理学実験をご紹介します。実験では、アメリカの大学生200名に対し、“ある女子学生が教授の部屋をひとりで訪れて、レポートの提出期限の延長を求める”という内容のビデオを見せました。

そのうえで、学生らに以下の3つの選択肢から女子学生の意図を答えさせました。

・女子学生は友好的に振る舞おうとしていた。
・女子学生はセクシーに振る舞おうとしていた。
・女子学生は教授を誘惑しようとしていた。

すると、男女とも「女子学生は友好的に振る舞おうとしていた」の点数が最も高かったものの、他の2つの項目の点数は、男子のほうが女子よりもずっと高かったのです。

女子学生はレポートの提出期限の延長を求めただけなのに、“セクシー”とか“誘惑”に見えるなんて、ちょっとびっくりですよね。

このように、男性は女性の何気ない振る舞いに対して、勝手に性的な意味づけを加えて拡大解釈しやすいのです。

 

■なぜ男性は勘違いしやすいのか?

男性がなぜこんな勘違いをしてしまうのかというと、姫野氏いわく、男性は“ばらまく性”であるから。つまり、男性は本能的にはできるだけたくさん自分の遺伝子をのこしたいので、つい女性をセックスの対象として見てしまうのです。

一方、“産む性”である女性の場合は、誰かれなしにセックスしたいわけではなく、できるだけ優秀な遺伝子を求めて男性を吟味します。こうした性差があるために、同じことがらに対しても、男女の解釈は大きく異なります。

たとえば、女性が男性からの初デートの誘いに応じた場合、女性の側は「ヒマだし、とりあえずイイ人そうだし別にいいかな……」くらいの気持ちであっても、男性の妄想ではセックスまで飛躍していることがあるのです。

 

男性も理性によって、妄想と現実を一応区別しているので、いきなり初デートで押し倒されるなんてことはないので、過度に警戒する必要はありません。

ただ、お互いに「そんなつもりなかった!」とトラブルにならないように、女性は男性の頭の構造を十分に理解しておきましょう。また、『「惚れてまうやろー!」の瞬間7パターン【男子の本音編】』で男性の惚れるポイントを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

【参考】

姫野友美(2007)『男はなぜ急に女にフラれるのか?』 角川書店

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'中田綾美'の過去記事一覧