やだ…彼がキス拒否?男ウケ最悪な「カサカサ唇」になる原因6つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

男ウケ抜群の容姿の持ち主・石原さとみさんの魅力といえば、何といってもふっくらうるおいのある唇ではないでしょうか? また、過去記事「“唇カサカサの女は彼氏ができにくい”最新の調査で判明」によれば、唇はモテに深く関わっていることも明らかになっています。

では、あなたの唇は男性から見てどれくらい魅力的でしょうか? カサカサに乾いた唇では「こいつとはキスしたくねえな」と彼から思われるおそれも……。

そこで今回は、英語圏の健康情報サイト『symptomfind』の記事を参考に、男ウケ最悪なカサカサ唇になっちゃうNG生活習慣6つをお届けしたいと思います。

 

■1:唇をなめる

唇をなめるクセのある人は今すぐやめましょう。唇をなめると一時的にうるおった感じがしますが、すぐに唇の表面から水分がどんどん蒸発して、ますます乾燥を招くことに……。

つまり、“唇が乾く→なめる→水分が蒸発する→唇が乾く→……”という負のループなんです。唇の乾きを感じたら、なめるのではなくリップクリームで保湿しましょう。

 

■2:唇の紫外線対策をしない

これからの時期は日焼け止めや日傘が必須ですが、唇も紫外線対策していますか? 見落としがちですが、唇もちゃんと保護してあげないとカサカサ唇に一直線です。

UVカット効果のあるリップクリームで唇を紫外線から守りましょう。

 

■3:口呼吸をする

ぼんやりテレビを見ているときなど、気付けば口がポカンと開いていた……なんてことはありませんか?

口呼吸は鼻呼吸よりも唇が乾きやすいといいます。口呼吸のクセがある人は、なるべく口をしっかり閉めて鼻呼吸を意識するようにしましょう。また、鼻づまりのせいで口呼吸になってしまうのであれば、まずは耳鼻科で治療してもらうといいかもしれません。

 

■4:唇を刺激する食品を摂っている

柑橘類やトマトソースなどの酸っぱい成分は唇を刺激することがあるといいます。特に、唇が荒れているときにこうした食品を摂ると、余計に唇がガサガサになるとのことなので、酸味のある食品は控えましょう。

 

■5:ビタミンAを摂りすぎている

「美容や健康にいい」と思って、1日に何種類も何錠もサプリメントを摂っているなんてことはないでしょうか? もちろん、栄養が不足するのもよくないのですが、ビタミンAの摂り過ぎは唇の荒れ・乾燥を招くといいます。

 

■6:歯磨き粉が体質に合っていない

歯磨き粉に含まれる“ラウリル硫酸ナトリウム”という成分が唇の乾燥や荒れの原因になることもあるそうです。

唇の保湿には気を付けているはずなのに、それでもカサカサが治らない……という方は、この成分を含まない無添加歯磨き粉を使ってみるといいかもしれません。

 

以上、カサカサ唇になっちゃうNG生活習慣6つをお届けしましたがいかがでしたか? 心当たりのある方はこの機会にNG習慣を改めて、オトコが思わずキスしたくなっちゃううるおい唇を目指しましょう。

 

【関連記事】

こいつ下手だな…男が幻滅する「キスが残念な女」の特徴7つ

3位が石原さとみ!「男性が憧れる最新美人像」トップ3の共通点

男性に聞いた!「ドキッとする好みの唇」第1位はウルウルの●色

3位北川景子…2位ローラに圧勝した「なりたい美人顔」1位は?

バキュームレベルの吸引力!オトコが「キスしてぇ」となる唇3つ

 

【姉妹サイト】

※ 気をつけて!隠れて遊んでる「合コン好きな男性」の危険な5つの兆候

※ あなたは大丈夫?後輩から「嫌われる先輩・上司」自己診断テスト

 

【参考】

10 Most Common Causes Of Chapped Lips – symptomfind