えっ肉じゃがじゃない!男が思う「お袋の味」メニュー第1位とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

男心をつかむ手料理といえば、フレンチやイタリアンよりもやっぱり日本の家庭料理。彼が故郷をつい思い出すような“お袋の味”を再現できれば、「今すぐ俺と結婚してくれっ!」ということになっても不思議ではありません。

では、男性にとって“お袋の味”とはどんな料理なのでしょうか? NTTドコモのアンケートサイト『みんなの声』が実施した「“おふくろの味”と聞いてイメージする料理は?」というアンケートでは、意外だけど納得のあの料理が第1位でした。

では、男性が「これぞおふくろの味!」と思う料理トップ3を早速チェックしていきましょう!

 

■第3位:たまご焼き

シンプルだけどおいしく作るのは意外と難しい“たまご焼き”が第3位にランクイン。なかなかきれいに巻けなかったり、パサパサの食感になったりしがちですが、あなたは上手に作れますか?

また、地域によって味付けが“甘い派”と“しょっぱい派”に分かれ、「自分の流派以外は許せない!」という人も少なくないようです。なので、彼に作ってあげる前には必ず味の好みを確認しておきましょう。

 

■第2位:肉じゃが

昔から男心をつかむ料理の定番とされてきた“肉じゃが”が第2位というのはちょっと意外!? 同アンケートの女性版では肉じゃがが第1位でした。

「お袋の味といえば、やっぱ肉じゃがでしょ」と張り切って彼氏に振る舞ったのに、思いのほか彼の反応が鈍い……なんて事態も予想されますね。

とはいえ、人気メニューのひとつであることにはまちがいないので、ぜひマスターしておきましょう。ちなみに、肉じゃがでは“牛肉vs豚肉”論争があるので、彼への事前確認をお忘れなく。

 

■第1位:味噌汁

肉じゃがを破って第1位に輝いたのは“味噌汁”! お泊まりデートの翌朝に炊きたてのご飯とおいしい味噌汁を用意できれば、プロポーズ待ったなしかもしれませんね。

出汁入り味噌や粉末だしは便利ですが、できればきちっと出汁をとって女子力をアピールしたいところ。

過去記事「10分でできる!お家デートで彼の心を掴む絶品“恋のスープ”【和食編】」で料理研究家のオガワチエコさんが語ったところによれば、「水に10センチくらいの昆布を入れて(20分くらい水出ししたほうがいい)沸騰直前で取り出し、火を止め、そこにかつおぶしをひとつかみ加えて、沈んだらざるでこしてできあがり!」とのこと。

意外と簡単そうですよね。これで差がつけられるならしめたもの! なお、郷土ごとに味噌の特色はさまざまですので、彼のふるさとの味噌の種類をチェックしておきましょう。

 

以上、男性が「これぞおふくろの味!」と思う料理トップ3をお届けしましたがいかがでしたか? 料理が苦手な人もまずはこの3つの料理からマスターして、男心をガッツリつかんじゃいましょう。

 

【関連記事】

3位肉じゃが…2位カレーに勝った「彼が食べたい彼女飯」1位は?

1位は次の日もおいしいアレ!「オトコが本気で食べたい手料理」ベスト3

惚れ直さずにはいられないッ!彼女の「定番手料理メニュー」ベスト5

あなたは到達してる?オトコが彼女に求める「料理の腕前レベル」

ヤダ泣けるっ…男が選んだ「母のほうがおいしい料理」第1位は?

 

【姉妹サイト】

恥ずかしすぎ!「会議中のお腹グーッ」を防ぐ空腹感まぎらわしテク4つ

バレリーナ直伝!森星も知らなかった「痩せる姿勢」の作り方とは

 

【参考】

「おふくろの味」と聞いてイメージする料理は? – みんなの声