> > ヤバッ!1時間もしゃべってない…「夫婦の危機の兆候」調査で判明

おすすめ記事一覧

ヤバッ!1時間もしゃべってない…「夫婦の危機の兆候」調査で判明

2015/07/19 21:30  by   | 結婚

好きだから結婚する。とはいえ、既婚者のみなさんなら口をそろえていうでしょう。

「ラブラブな毎日は最初だけ」と。

いくら好きな者同士とはいえ、ケンカをすることもあります。そして、どうして結婚したんだろうと悩むこともあるはず。

そのような状態が続いて、結婚生活に不満がたまってくると、当然ながら離婚ってことにもなりますよね。

『ブライダル総研』が、夫婦関係の状況について詳細を把握する調査をおこなったところ、全体として夫婦関係に満足している割合はおよそ7割と低くはないものの、2012年と比べると夫である男性の満足度は減少していることがあきらかになりました。

これは、夫婦の危機ともいえる結果です。

そこで今回は調査結果をふまえて、詳しい夫婦関係の満足に関する実態とともに、どんな夫婦で夫の満足度が低いのかをお伝えしたいとおもいます。

 

■夫婦の状況

調査によれば、20代~60代既婚者において、夫婦関係に満足している割合は全体で69.2%という結果に。

これは、2012年(71.4%)と比較すると、わずかではあるものの減少していることがわかりました。

とくに、夫である男性は全年代で“満足度”は減少していることが明らかに。

夫回答で増加したのは、「配偶者と一緒にいると、緊張したり、気が重たくなったりする」「配偶者との性生活に満足している」という2項目のみ。

「大切な、かけがえのない絆がある」「配偶者に日常の出来事などを普段からよく話している」「将来の夢や計画について話し合っている」については大幅に減少しているという結果でした……。

「配偶者と一緒にいると、緊張したり、気が重たくなったりする」というのは、増えたらまずい項目ですよね。

 

■危機の兆候

今回の調査では、夫婦満足度が高い夫は、満足度が低い夫に比べて「1時間以上の夫婦2人での会話」または「1時間以上の家族(夫婦)との会話」の回数が、全年代を通じて多いということがあきらかになりました。

つまり、日常のコミュニケーションが不足していると、夫は夫婦関係に満足できていないということなんです。

 

いかがですか。男性って、寂しがり屋なのかもしれませんね。夫婦で会話が減ったときは、やばいというサインなので、気をつけてくださいね。

 

【関連記事】

※ やってた…!モテるのに「どんどんビンボーになっちゃう人」特徴3つ

※ 女の欲望丸出しっ!「モテ男子の出身地」2位東京…では1位は?

※ へ〜意外!「関東男子にモテまくる」女性の出身都道府県トップ3

※ いきなりそんなトコむりっ!ヤバすぎる「初デートスポット」3つ

※ 2人に1人が!? イマドキ女子が実践してる「告白させるテクニック」

 

【姉妹サイト】

※ 心地よさがやみつきに!働き女子が「ガード下で飲む」意外なメリット4つ

※ 歯磨き、ムダ毛処理…「女子が風呂でやること」実はNGなのはどれ?

 

【参考】

夫婦関係調査2015 – ブライダル総研

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'平松隆円'の過去記事一覧