うじゃ〜!「知らなきゃダニの楽園に…」ベッドリネンのケア4つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

暑い季節。寝る前のキンキンに冷えたビールが美味しいものですよね。しかしちょっと待って下さい! 寝る前のビールはアナタの睡眠に影響を及ぼす可能性があります。

睡眠がちゃんととれていないと、肌の調子も悪くなったり、目にもクマができたりとアナタのモテ度が下がってしまいますよ。

そこで今日はちゃんと睡眠がとれるようなベッド作りを、イギリスの情報サイト『MailOnline』に寄稿されたレポートを参考にしながら見ていきましょう。

 

■1:夜のビールを止める

夜中にビールを飲むことは清潔なベッド作りのためにはNGです。なぜならばビールによって汗をかき、老廃物となる死んだ皮膚細胞がベッドリネンに流れてしますからです。

汗や老廃物がついたベッドリネンはダニや微生物の住処になってしまいます。ダニに刺されると吹き出物の原因にもなり得ますし、ダニ自体の老廃物などがアレルギーを誘発する原因になるからだそう。

ちなみにベッドの上で何か食べたりすることも、NGです。食べカスなどがベッドに落ちて、ダニ発生の原因にもなるからです。

男性は女性の肌をよく見ると言いますから、ツヤ肌キープのためにもビールやおつまみをベッドの上で摂るのは避けておきましょう。

 

■2:シーツはよく乾かすことが大事

シーツは週に1回くらいは洗うようにしましょう。その際大切なのは早く乾かすことだそうです。レポートによれば高温多湿の状態になると、ダニが住みついてしまう原因になるからだと言います。洗ったら乾燥機などに掛けて一気に乾かすことで原因をシャットアウトしましょう。

 

■3:枕と布団は年に2回は洗浄する

枕や布団は表示ラベルに従って洗濯すべきだと、専門家のアギー・マッケンジー氏は語ります。ちょっと洗いにくいですが、特に枕は汗や唾液を吸着しやすいためカビやダニが発生する原因にもなりやすいからだそうです。こちらも洗ったらすぐ乾かすこと大切なようです。

 

■4:マットレスは掃除機を

マットレスにもダニなどの発生につながる老廃物(死んだ皮膚細胞)が付着しがちです。マッケンジー氏は、“定期的に掃除機をかける”ことが大切だと述べています。日本では布団専用の掃除機なども各メーカーから発売されていますので、快適な空間を保つためには用意しておきたいアイテムですね。

 

以上、モテ肌キープのために行うべきベッドケアの方法4つのご紹介でした。いかがでしたか?

“ベッドを清潔にする→睡眠の質が向上する→ツヤ肌がキープできる”このサイクルを上手く回すことによって夏でもキレイなアナタを保ってくださいね!

 

【関連記事】

※ もうモテモテ!「男が無意識に惚れる女」のボディーランゲージ4つ

原因は睡眠不足!? あなたを太らせる「ニセ食欲」の対処法3つ

●時間睡眠でオバ化が加速!? 夏こそ「睡眠コントロール」すべき理由

ここぞのデートの前に!「睡眠」はしっかりとっておくべき理由4つ

※ 「そろえてください…」はダメ!モテない髪型になるNG注文3つ

 

【姉妹サイト】

ウザすぎるぅッ!「オッサン女子認定」されちゃうSNSでのNG行動3つ

婚活女子はフェスへ行け!野外イベントで「出会いに期待」男性が●%も

 

【参考】

Could your BED contain more germs than your bathroom? TV cleaning guru Aggie MacKenzie reveals how to stay hygienic on humid summer nights – MailOnline