自分へのご褒美だとぉ!? 結婚が遠のく「お金にルーズ言動」3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

どうして恋人はできるのに、結婚の話がいつも出ないまま終わってしまうんだろう……。と悩んでいるそこのあなた! 男性はあなたの“金銭感覚”に疑問を持っているのかもしれませんよ。

男性は現実的な面を見るので、女性との結婚を考えるとき、結婚したあとの家計についても想像してしまいます。そんなとき、お金のことが心配な相手とはなかなか結婚は考えられないですよね。

ファイナンシャルプランナーとして活躍する風呂内亜矢さんに、“お金にルーズだと思われる行動”について聞いてみました。

 

■1:お金に関する用語に興味を持たない

「先取り貯金、財形貯金、確定拠出年金など、お金にまつわる言葉でなんとなく聞いたことがあると感じる用語があるかもしれません。ふとした会話でそうした用語が出てきたときに、まったく関心を持てないとお金の話が噛み合わないと感じさせてしまう恐れがあります。

必ずしもマネー用語について詳しく説明できたり、熟知してたりする必要はありません。“なんとなく聞いたことがあるけど、どういうことなのか教えて”と尋ねたり、“詳しいね。なにか興味を持つきっかけがあったの?”と相手のお金に関する考え方を引き出したりできるだけで、“お金に関する価値観が近いかも”と思わせるチャンスに。

自分ひとりでお金を学ぶのがつらいと感じる方は、詳しい男性に教えてもらうのも良い方法です」

 

■2:“自分へのご褒美”が多い

「“自分へのご褒美”というフレーズに共感できない男性は多いようです。買いたいと思っていたものを目指してやっと手に入れたというよりも、日頃の我慢を癒やす突発的な消費だと誤解した印象を与えるのかもしれません。

大きな買い物をしたときには、前から欲しかったものであることや、手に入れた物への愛情が伝わると誤解されづらそうです。

ご褒美の頻度は年1回か、多くてもボーナスの2回などを目安に。2ヶ月に1度以上ご褒美があると、いつもお金を使っている印象になる恐れがあります」

 

■3:ごちそうが前提という振る舞い

「先日、玉の輿にのった女性がTVに出演していて、“自分が食べた分は自分で払っていた点を夫は着目してくれていたらしい”と話されていました。

私もお金にまつわるお話を色々な方から聞いていますが、確かに裕福な方のなれそめをうかがうと、奥様が独身時代にお金を公平に負担することを大切にしていた様子を感じることが多くあります。

独身同士のデートでは男性が女性の費用を払うこともあるかもしれませんが、結婚すると2人で家計を築いていくことになります。公平に支払うことや、デートにかかる費用を適正に抑えようと協力できる女性だと、共に家計管理に前向きに取り組めそうだと感じるのかもしれません」

 

いかがでしょう? 男性は女性の“自分へのご褒美”や“奢ってもらえるのが当たり前”という感覚を嫌うようです。また、お金のことに無頓着でもいけなさそうなので、最低限の知識は自分でも持っているようにした方がいいかもしれませんね!

 

【関連記事】

男の9割がイカせてない!「アレで損しまくるオトコ」の特徴3つ 

※ ヤダ大興奮?オトコが「もう…らめぇ〜」となるおフェロなLINE3つ

※ クッ…笑える!「よくある恋愛テクを使ってくるオトコ」の特徴4つ

※ 女の欲望丸出しっ!「モテ男子の出身地」2位東京…では1位は?

※ ズバリ!「相性のイイ血液型カップル」は断トツで●型×A型

 

【姉妹サイト】

コレは意外!癒しだけじゃない「アロマを実用的に使う」アイデア3選

もう男として見れない!? 産後「夜の生活が減った」夫婦はなんと●%

 

【取材協力】

風呂内亜矢・・・1級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)、CFP認定者、宅地建物取引主任者。2013年、ファイナンシャルプランナーとして独立。現在はテレビ、ラジオ、雑誌、新聞などでお金に関する情報を精力的に発信している。『めざましどようび』『ぐるぐるナインティナイン』などに出演したほか、『日経マネーDIGITAL』『女子SPA!』でコラムも連載中。著書『貯金80万円、独身の私にもできた! 自宅マンションを買って「お金の不安」に備える方法

 

【画像】
Milles Studio / Shutterstock