「油断したおブス顔」をSNSでアップされないための防止策3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

友人のSNSにアップされた、自分のおブス顔を見てギョッ……! こんな経験はありませんか?

「アレを載せるなら、教えてよ!」と、文句のひとつでも言えたらいいのですが、そんなおブス顔を“自分の真実”と受け止め、気分が重くなってしまうときも。

おブス顔が気になる彼に見られたら……! 恋の行方にも影響しちゃうかも。

油断したおブス顔をSNSにアップされないための防止策ってないのっ!? あります!

今回は、8年間の公職時代に、油断したおブス顔を他人のSNSに掲載させられまくった筆者が、その防止策を3つご紹介します。

 

■1:目を瞑る

寝不足でまぶたが腫れぼったい日や、アルコールの席で目が据わった写真に写りそうな瞬間は、思い切って目を瞑ってしまうのが得策!

油断したおブス顔の多くは、目元が原因となっていることが多いので、それならばいっそ目を瞑ってしまっておブス顔を回避しましょう。

「この人、目を瞑っちゃってるよ~」と苦笑されるくらいのほうが、腫れぼったいまぶたを隠すために思いっきり目を見開いた結果の“おブス顔ショック”に比べれば、ダメージも軽いはず。

 

■2:隠す

大勢の集合写真を撮ると、そのなかの何人かはタイミングが合わずにおブス顔に仕上がっていること、ありますよねぇ。

人数が多い集合写真ほど、そのうちの何人もが投稿する危険があるので、おブス顔をSNSにさらされるリスクも高まります。

集合写真でのおブス顔を回避したい場合は、「はい、チーズ!」のときに、前の人の肩越しに顔を隠してみたり、思い切ってグラスを顔の真ん中に持ってきたりして全面的に隠すのもオススメです。

そもそも顔を写さなければ、SNSにおブス顔を掲載されるリスクもゼロです。

 

■3:横を向く

そんなこと言っても、「目を瞑るのも、顔を隠すのも、気がひける……」という読者もいるでしょう。

そんな人は、思い切って横顔写真に特化してみるのも一案です。

油断したおブス顔の多くは、目の開き具合だったり、笑顔の口もと加減だったりが原因なので、正面からの写真であらわれるもの。

なので、横顔のおブス顔というのは、なかなかないんです。

SNSに無断で他人のおブス顔を乗せまくっている人と一緒の写真では、シャッターのタイミングで、サッと横を向いてみましょう。

隣の人に顔を向ければ、“仲良し感”も演出でき、一石二鳥です。

 

いかがですか?

友人のSNSに掲載された自分の顔が、驚くほどおブス顔だと、その写真を消したくなる女子も少なくないはず。

でも、友人の投稿に削除依頼を出すのって気が引けますよね!

イヤな予感がする日には、自己防衛手段を駆使するのが得策です。これで、油断したおブス顔のせいで恋に悪影響が出るのを食い止められますよ!

 

【関連記事】

※ いるいる!SNSが原因で「非モテになる男」サムすぎる特徴3つ

※ ナニしてるの?「夜に送ったLINEが朝にも既読にならない」理由

※ 反則技!オトコが今すぐ会いたがる「LINEプロフ写真」コツ3つ

※ SNSが流行るほどデートは遠く…「オトコを動かす」古典テク2つ

※ 演技でもOK!「オトコが絶対に手放さない女」になる秘訣3つ

 

【姉妹サイト】

82%が復職希望だけど!産後ママが直面する「仕事復帰の不安」とは

げ…やってた!夏バテや肌アレの原因「夏冷え」を招くNG行動3つ