夫婦でアレを把握しておく!「結婚生活を上手く過ごす」方法3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

いつまでもラブラブだと思っていたのに近頃めっきり会話が無くなった……。

夫婦で長い時間を過ごしていると、些細なことでケンカや価値観のズレが生じてきて、いつの間にか“仮面夫婦”のような事態に陥ってしまうかもしれません。

そこで今回はNTTドコモのアンケートサイト『みんなの声』をもとに“仮面夫婦”の特徴について考えてみましょう。当てはまったら即アウトの可能性が高いです。夫婦生活を振り返りながら見ていきましょう。

 

■仮面夫婦の実態

同調査は男女10,475人を対象に「お互い冷め切っているのに、夫婦関係を続ける“仮面夫婦”。どんな特徴があると思う?」という質問を実施しています。その結果、

5位:どちらも自分自身が一番大事・・・610票

4位:用事があるときしか会話がない・・・1,248票

3位:世間体を気にしている・・・1,326票

2位:相手に無関心・・・2,258票

1位:子供のために結婚を続けている・・・3,329票

という回答結果に。1位の“子どものために結婚を続けている”は回答数の約3割を占める結果となっています。

確かに親の離婚は、子どもの生活や成長に影響を与えるリスクがありますので、夫婦生活を仕方なく続けている仮面夫婦は多そうです。

しかしイヤイヤ生活をするより、どうせなら夫婦でハッピーに暮らしたいもの。どんな心構えをすれば夫婦間の関係は修復できるのでしょうか。

 

■冷え切った関係を乗り切る心構えとは

結婚生活を上手く送るための心構えとしては3つのポイントが重要であることを『Menjoy!』過去記事ではお伝えいたしました。(「“こんな人は結婚生活の達人!”すぐ気が楽になる離婚防止策…3つ

まずは相手に“過度の期待をしないこと”が挙げられます。冷淡に感じる方もいらっしゃるでしょうが、男性に“こうであってほしい”と願えば願うほど現実とのギャップにいらだちを覚えてしまうのです。「今日の記念日覚えてくれてたんだ、ラッキー!」くらいの気持ちのほうがラクになれますよね。

また同記事では、パートナーの好きなモノ・コト、嫌いなモノ・コトを把握しておくことが大切だと紹介。好きなものを一緒に食べれば相手も嬉しいし、嫌いなコトをされると誰だって不機嫌になりますよね。

結婚してからでも好き嫌いの発見は尽きないことでしょう。興味深く観察して夫婦間がハッピーになるモノやコトを見つけられるといいですね。

最後に挙げられるのが“挨拶”です。「ただいま」や「おかえり」は一見すると他愛もないコミュニケーション思えますが、これをやらない夫婦を想像してみてください。

「……帰ってきて“ただいま”も言わないなんて」と今にもケンカが発生しそうな雰囲気になりますよね。

挨拶一つで前項に挙げたような“相手に無関心”“用事があるときにしか会話がない”といった事態も避けられます。挨拶から他愛もない会話も生まれてくることもあるでしょうから、夫婦の潤滑油だと思って声を掛け合いましょう。

 

以上、仮面夫婦の特徴とそれを防ぐテクニックのご紹介でした。いかがでしたか? 当てはまってしまった方は今日から少しずつコミュニケーションや意識を変えてみるだけで“家庭崩壊”の危機は避けられるかもしれませんよ。

 

【関連記事】

アレが長いとマズイ…!? 「すぐ離婚しがちな夫婦」の特徴3つ

何をしてもオシャレ!「離婚してから光り輝く人たち」の法則3つ

夫が幻滅!離婚問題を抱える夫婦によくある「妻のNG行動」3つ

男も女もシビアに見てる?「結婚相手に求める年収」リアルな結果

※ 本心バレバレ!彼が「あなたと将来を考えているか」見抜ける話題

 

【姉妹サイト】

タバコより嫌われる!「女性がイヤがる職場のニオイ」1位は●●と判明

レス夫婦はイヤ~!「夜の夫婦生活」がみるみるお盛んになる特効薬

 

【参考】

離婚予備軍!?仮面夫婦の特徴って? – みんなの声