> > 怪談より怖い?男がドン引きした恐怖のプレゼント6つ

おすすめ記事一覧

怪談より怖い?男がドン引きした恐怖のプレゼント6つ

2011/09/18 12:00  by   | カップル, デート, モテる女, 出会い

好きな人にプレゼントをあげるのって自分までウキウキした気分になりますよね。ところが、チョイスによっては、相手にあまり喜ばれなかったり、不快感を与えたりなんてことも……。

そこで、当記事では、彼氏や好きな人からドン引きされたプレゼントを6つのパターンに分けて紹介します。

 

 

■1:手作りのありがた迷惑

好きな男性に手作りプレゼントを贈る女性は多いですが、状況によってはありがた迷惑になりえます。

あれは小学生の時、多分バレンタイン。
片思いしてた男に編み掛けのマフラーをあげた。
完成品ならともかく、編み掛けって・・・
自分は何を考えていたんだろうなぁ

多分、努力だけは認めてほしかったんでしょうね……。もらった側がどんな反応をしたのか気になるところです。

中1の時にあげた手作りバレンタインチョコ。
型にチョコを流すだけでいいのに、私はアルミホイルを敷いてから流したので、
当然チョコはアルミホイルにくっついてしまい、
必死で取ろうとしたが、途中で面倒くさくなって所々アルミホイル付きチョコになってしまった。

あれをあのまま食べたら、奥歯キーンだよ・・・
中○君、スマソ。

いやいや、そこは作り直せよ……と突っ込まずにはいられません。手作り品を贈る人は、もらった側の立場になりましょう。

当時ロングだった自分の髪の毛をセーターに編み込んで
クリスマスプレゼントとして彼にあげた事ありまつ・・・
みんな一度はやるよね?

「手作りのセーターやマフラーは重い」という男性の気持ちが分かるような気がします。どんなに愛していても、自毛の編み込みは怖すぎです。

 

■2:センスが合わない

センスの合わないプレゼントって、もらった側はすごく困りますよね。贈り手はマジなだけに、使わないと罪悪感を感じてしまいますし……。

筆文字縦書きのお経みたいな文字と、耽美系花柄(オレンジと金)のようなものが左の肩らへんにあるTシャツ。
裏は首の下らへんにお経みたいな文字がある。
前はなんだかボタンのついてないエリじゃないや、えーとなんかちょびっと広がるようになってる。

俺、男。
これはちょっと(;´Д`)
ヤバイ。
好みじゃないところだらけだ。

ドクロのネックレス。決して凄いダサいとかではないんだが、ドクロや十字架はなんとなく合わせにくい…
お兄系やシンプルな服装には合うんだろうけど俺の服装には合わない。
だから一回もつけてないんだけど彼女にいつなんで付けないのか聞かれそうで怖い…

なぜか厨二病のようなセンスのアイテムを贈る女たち。「本当は私はこういうファッションが好きなの!」という無言の圧力でしょうか。

俺も彼女からバスローブもらった事あるんだけど、あれはホントかさばるし困るよね…

で、バスローブをセレクトした理由を聞いたら、俺がバスローブ着てブランデーグラスを揺らしつつロッキングチェアーに座ってるのが似合うと思ったからだそうなw

チェアーは?ブランデーは?まさか火曜サスペンス劇場?ここワンルームなんすけど?等々、突っ込みたかったけど泣かれたら嫌だからやめときました。

バスローブ着てブランデーグラスを揺らしつつロッキングチェアーに座ってるのが似合う男って一体……!? 彼氏は岡田真澄さんのようなダンディーなかたなのでしょうか?

今はワンルーム住まいでも、いつかバスローブの似合うセレブな男性になれるといいですね。

 

 

■3:ドケチプレゼント

愛情はお金ではかるものではありませんが、それでもあまりにもドケチプレゼントだと、彼女の愛情を疑いたくなる?

誕生日おめでとう~ってオレの好物のタコ焼き3パック。。
しかもお前が1パック食うんかよ!まさかこだけは無いよね~
って思ってたら彼女が紙袋をカバンからゴソゴソと。。。
おぉ!もしや!?って思ったら、「今日、この香水気に入ったから
買ったんだぁー」って満面の笑みで言われましたよ。。。
あぁ、そう。。よかったね。これしか言えませんでした

誕生日プレゼントがタコ焼き……というのはカワイイですまされそうですが、ちゃっかり自分の香水を買ってるところが実にがっかりです。

「誕生日だから、これ買ってあげるね!」

って近所のスーパーの酒売り場で、キリン一番絞りを一本・・・

でも、会計する時に割り勘だった。
もらった気がしない・・・・orz

別にビールが悪いわけではないのですが、割り勘って……。それはプレゼントとはいいません。

 

■4:気持ちの押し売り

ちょっと電波入ってた女性からカセットテープ。
もちろん愛の言葉入り。
あとは便箋3枚に蛍光ペンでぎっしり書かれた手紙。

肉声メッセージは、仮に好きな相手からのものでも引いてしまうかもしれません。あと、蛍光ペンで書かれた手紙というのが目に優しくないです。

高校時代、片思いの男の子に、
私の恋心を切々と綴った日記のダイジェスト版をあげた。
何考えて、あんな物をあげたのか・・・
さぞかし迷惑だっただろう。

日記を贈るという発想もすごいですが、何故ダイジェスト版? 相手の読む手間を省くという気遣いかもしれませんが、それでも迷惑なものは迷惑です。

 

■5:本当にあった怖いプレゼント

女性から男性に贈る痛いプレゼントの定番(?)をご紹介します。

高さ100cm位のプーさんのぬいぐるみ。

俺の誕生日に何時も通り駅前で待ち合わせ。
駅利用者用駐車場に車を停めて待つこと5分、
遠方より巨大な物体が近づいてくるのを目視確認。
荷物の持ち主が彼女であることを認識。

正直逃げたくなったが、それを笑顔で受け取り後部座席へ座らせた。

今、8畳の部屋の畳半分はプーさん専用。
処分も出来ず押入れにも入らず、ハチミツ抱えてた笑顔が今日も眩しい…。

ぬいぐるみを彼氏に贈る女性って本当にいるんですね。“8畳間の主”と化しているプーさんには罪はありません。

遠恋してたときに陰毛の束をリボンで結んだのと誕生日の0時に開満シャメ送っきた。
引きまくり…で気持ち悪くなって別れた。

女性が自分にリボンをして「私を食・べ・て!」というのはありがちですが、陰毛の束をリボンで結ぶとは斬新です。遠距離恋愛であっても、さすがにこれは嬉しくありません。

 

 

■6:最低最悪のプレゼント

ここまでのプレゼントは、受け手をドン引きさせる代物ではあるものの、まだ贈り手から一縷の愛を感じ取ることはできました。以下では、愛情のかけらもない最低最悪のプレゼントをご紹介します。

バレンタインに手紙貰ったのが良いけど俺の名前間違えててそれを二重線で消してた。
対して長くないんだから書き直してくれ

相手の名前を間違えるというのは、かなり深刻なマナー違反です。それを二重線で消して渡すとは、何か悪意さえ感じてしまいます。

先月誕生日だったんだけど、彼女が元彼にあげる予定だったマフラーをそ知らぬ顔して渡された。
まだ付き合う前、彼女が元彼に振られてヤケ酒に付き合った時、
「○○(海外ブランド)のマフラー手に入れるの大変だったのに!」って俺に言ったの忘れてたみたい。
もしかしたら彼女はプレゼント=マフラーという特異な思考の持ち主で、元彼にあげる予定のとは別のマフラーをくれたのかなって思ったけど、
この時期だし、言ってたブランドのマフラーだし使い回しだなと思って部屋において一ヶ月。
次の冬までに考えておこう思ってたんだけど、昨日猫がマフラーにおしっこしてた。
これは神の導きだなと思い捨てた。

プレゼントの使い回しは絶対にやってはいけません。猫の対応はまさしく神の導き。その後ふたりは別れてしまったものと思われます。

 

いかがでしたか? 自分の黒歴史を思い出して、赤面してしまった女性もいらっしゃるかもしれませんね。

ただ、女性の場合、小さい頃から家族や友人など身近な人にプレゼントする機会が多いためか、ぶっ飛んだプレゼント報告は、比較的少なかったです。

次回からは、さらに破壊力抜群な彼氏からのドン引きプレゼントをお伝えします。お楽しみに!

 

【関連記事】

【恥】トンデモナイモノプレゼントした(された)YO【藁】

【誕生日】恋人から貰った微妙なプレゼンツ【記念日】

【誕生日】恋人から貰った微妙なプレゼント2【記念日】

【誕生日】恋人から貰った微妙なプレゼント3【記念日】

【誕生日】恋人から貰った微妙なプレゼント5【記念日】

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'中田綾美'の過去記事一覧