別れ話や喧嘩に劇的に効く!女子が知らない「男と女の思考の違い」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

カレと将来の真剣な話や、別れ話などの込み入った話をしているとき、「こんなに理解しあえないのは、ナゼ!?」と、落胆したコトはありませんか?

女性と男性の思考は大きく異なる面もあるといわれますが、それって、どんなところにあらわれるのでしょう。

たとえば、昔話をしていても、男性の認識と女性の記憶が違っているコトもあります。

こんなにも違う男女の脳内。だからこそ、“違い”を理解しておけば、関係を改善できますよね!

そこで、映画『ラブストーリーズ』にちなんだ『トーキョー女子映画部』による検証を参考に、ラブを継続するために知っておきたい、“トラブル発生時の男女の思考の違い”を3つお伝えします!

 

■1:お互いの記憶は違う!

検証によると、記憶について、男性と女性はそれぞれ自分の都合のいいように2人の出来事を記憶している傾向があるのだとか。

“出来事”としての事実は1つしかないのに、人間の記憶は曖昧な部分もあるコトから、ときが経つと自分にとって“不都合な面”には、それぞれが目を瞑ってしまうものなのかもしれません。

別れ話のときに、男性から突拍子もないコトを言われて戸惑う女性もいますが、それってこんな風に互いが自分に都合のいいように記憶することも影響していそうです。

トラブルが生じた際、「あなたは間違ってる!」と、男性を頭ごなしに責めるのは逆効果になるでしょう。

 

■2:男は気持ちより状況を重視する

気持ちが通い合っている男女ほど、口に出さずにいても、男に自分の気持ちを察して欲しいと願うものかもしれません。

ですが、同検証によると、その傾向は女性のほうが強く、男性は、気持ちよりも状況を察してほしいと女性に願う傾向も強いよう。

愛し合う男女の間でトラブルが発生したとき、話し合いをしても分かり合えずに終わってしまうこともあるのは、こんな思考の違いが関係していそうです。

深刻な問題を抱えているときほど、男性の“状況”を配慮してあげるコトが、ラブを継続させる秘訣かもしれません。

 

■3:男の傷は時間が解決してくれる

たとえば、大ゲンカをして感情的に別れ話が出たあと、あなたは彼にどんな行動をとっていますか?

同検証では、2人で困難を乗り越えようとするとき、男は日常を送りながら年月を経て傷を癒そうと考えるのに対し、女は状況を変えて、ゼロからやり直したがる傾向が強い、と分析されています。

別れ話から復縁するカップルにとって“冷却期間”が有効だとされるのは、こんな男女の思考の違いも関係しているといえそうです。

 

いかがですか?

男性と女性では、物事の捉え方や考え方に違いがあるのは仕方のないこと。だからこそ、オトコの思考を知らないままだと恋愛も空回りしちゃうのかもしれません。

理解できないからといって自分の主張を押し付けてしまえば、うまくいくはずの恋愛も壊れてしまいますよね。

もしかすると、こんなちょっとした視点を変えるコトで、自分でもビックリするほどカレとの関係が円満になるかもしれませんよ!

 

【関連記事】

※ 水嶋ヒロ×絢香は2位!「みんなが憧れる芸能人カップル」圧倒的1位は…

※ ゲ…やってた!結婚したいのに「彼が逃げる」逆効果アピール3つ

※ いくつまでならOK?「年の差婚」考える前に知っておきたい男女差

※ 91%の女性が「自信なし」と回答!男を虜にするボディの実態は

※ ちっぱい好き男子なんてマボロシ!? 「まさかの0%」調査結果

 

【姉妹サイト】

コレは意外!癒しだけじゃない「アロマを実用的に使う」アイデア3選

もう男として見れない!? 産後「夜の生活が減った」夫婦はなんと●%

 

【参考】

男女の記憶・思考について女子が検証 – 映画『ラブストーリーズ』にちなんだ、「トーキョー女子映画部」による検証

 

【画像】

Kzenon / Shutterstock