おすすめ記事一覧

心理学者から学ぶ!驚くほど簡単な倦怠期の乗り越え方

2011/09/19 21:00  by   | ココロ, 恋愛

カップルになったはいいものの、多くの人が悩むのが倦怠期やマンネリ。

付き合い始めはちょっと背伸びしてオシャレなレストランにデートに行ったり、キレイな夜景を見に行ったり、自分よりワンランク上のレストランや商業施設に行ったもの。

けれど、長く付き合ううちに、いつしかおうちのまったりデートが多くなったり、のんびり別々の漫画を読んですごしたり、食事も部屋着で近場のファストフードやラーメンがお決まり……と言うパターンが増えるのではないでしょうか?

実は、この「“いつもの”、“まったり”、“のんびり”が倦怠期につながる可能性がある」と指摘するのは、日本を代表する3名の心理学者の共著『史上最強図解 よく分かる恋愛心理学』。

この“いつもの”、“まったり”、“のんびり”パターンが続くと、お互いに相手のことに飽きてしまい、一緒に出かけることも面倒と感じるようになってしまうそうです。

 

そこで、この倦怠期から逃れるための方法として有効と紹介されているのが、“新奇で覚醒的な活動をパートナーと一緒に行うこと”。

つまり、ドキドキ感やスリルがある活動や運動、今までやったことのない新しい活動をすることで、マンネリを防げるというと言うのです。

このドキドキ感は激しい運動からくるものでも大丈夫とのこと。たとえば、一緒にフルマラソン完走を目指してジョギングをしたり、共通の趣味としてサイクリングやテニスなどのスポーツをするのもおすすめです。

新奇性という意味では、旅行はもちろんのこと、行ったことのないレストランやバーに行ったり、陶芸やダイビングを始めとする“●●体験”などにふたりで初挑戦することもあてはまるでしょう。

「そんなに私達、アクティブじゃないし……。」というインドア派な人でも、一緒に料理を作ったり、ホラー映画を部屋を真っ暗にして見たりするなどの方法も考えられます。

 

気兼ねしないパートナーとまったり過ごすのも幸せなひと時ですが、たまにはエキサイティングな活動を一緒に行うようにすることが、恋愛や夫婦関係を長続きさせるために必要と言えるでしょう。

 

【関連記事】

金政裕司、相馬敏彦、谷口純一(2010)『史上最強図解 よくわかる恋愛心理学』 ナツメ社

【画像】

by:Ian Sane

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'高木こあら'の過去記事一覧