アラサー女子の秘密!?「彼に見せたくなる」可愛い自撮りのコツ2つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

SNSを眺めていて、「うわ~、この子超かわいい……。でも実物もこんなに可愛かったっけ!?」って感じたこと、ありませんか?

今やSNSをやっていない人を探すほうが難しいくらいに私たちの生活に浸透しているので、プロフィール写真の“出来”って、恋愛の行方すら左右しかねません。

ラブな彼と“友達”として繋がっている女子の写真が、かなりかわいいレベルだと不安になっちゃう女性もいるのでは?

アラサー女子が“超絶キレイ”に写っていると、「よほどメイクが上手なのかなぁ」なんて毒も吐きたくなるのが女ゴコロでしょう。

じつは、そんな“かわいいプロフ写真”には、秘密があることが判明!

ラブな彼に見せたいプロフ写真で使えるワザを、マンダムの調査情報をもとにお伝えします。

 

■6割の女性が加工経験あり

20代・30代女性の自撮りに関する調査を434名に実施したところ、74%もの女性に自撮り経験があるのだそう。

でも、同じ自撮りでも、超・可愛く実物以上に映る子と、実物未満に写っている女子がいますよね?

写真は真実を写すと書きますが、どうやら真実以上にしてくれる裏技もあるようなんです!

そこで自撮り写真の“加工”について調査すると、60.4%もの女性が“加工経験あり”だったのだとか。

どうやら、実物以上に映るコツは“加工”も影響していそうです。そこで、アラサー女子が実践している加工テクトップ2をお伝えしましょう。

 

■1:背景とシミ・シワの加工

30代の女性に自撮り写真で加工したことがあるのは部分を聞いてみると、同率2位で「背景(可愛く)」と「シミ・シワ」がランクイン。

アラサーともなればシミやシワのひとつもある女性が多いなか、つるりん肌に写っている女子は、加工した写真を公開している可能性も。

また、背景を変えることでフレームマジックのように、実物以上に“可愛らしい”写真を演出できるようですね。

 

■2:肌色補正

30代の加工テクのトップは「肌色(美白)」。

お肌のクスミや日焼けあとの肌を隠すために、肌色そのものを加工しているアラサー女性は少なくないよう。

確かに、明るめに加工した写真って、お肌のアラが隠れて美肌に見えますよね。

 

いかがですか?

「加工なんてズルい感じがするから、私は素の自分を出してる!」という女子もいるでしょう。でも、SNSのプロフ写真って意外と印象に残りやすいもの。

だからこそ、意中の男性に良い印象を残したい女性は、こんな加工上手な女子のテクを真似してみてもいいかもしれませんよ。

 

【関連記事】

※ ガーン!「LINEのプロフ写真が●●なオトコは浮気する」と判明

※ 反則技!オトコが今すぐ会いたがる「LINEプロフ写真」コツ3つ

※ SNSで本性バレバレ!鬱陶しい「意識高すぎる系オトコ」の特徴3つ

※ 5割がアレと友達!? SNSで「オトコの浮気が始まる」危険な兆候

※ 「油断したおブス顔」をSNSでアップされないための防止策3つ

 

【姉妹サイト】

まったり癒しの休日に!ウチ飲み女子がハマる「クラフトビール」の選び方

美容液より大事!「お肌がボロボロになる」寝る前のNGな過ごし方

 

【参考】

女性の「自撮り」に関する意識調査 – マンダム

 

【画像】

wavebreakmedia/PIXTA(ピクスタ)