半数以上が不安要素あり!「地方出身の男性」と結婚する際の問題点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

結婚を申し込んできた彼の出身地は遠い遠い田舎だった……。「好きならば関係ない!」という考え方もありますが、地方出身の男性との結婚を現実的に考えると、様々な悩みが浮かび上がってくるのではないでしょうか。

今回は『Menjoy!』が500人の女性を対象に実施した「地方出身の男性との交際について」(協力:クリエイティブジャパン『ボイスノート』)の調査をもとに、地方出身男性と結婚を考えた場合、どのような悩みが出てくるのかについてみていきたいと思います。

 

■半分以上の女性が地方出身男性との結婚に不安あり!

調査のなかで「地方出身の男性と結婚を考える際、何か懸念することがあると思いますか?」という質問を行ったところ、52%の女性が「ある」と答えており、半数以上の女性が地方出身男性との結婚に不安を感じているという結果になっていました。

では一体、世の女性たちは具体的にどのような不安を抱いているのでしょうか?

 

■考え方が古いと面倒

「あまりにも田舎だと実家の考え方が古いので付き合いが面倒」

「価値観の隔たりが不安」

距離が離れれば離れるほど、文化が異なることは当たり前です。遠く離れた土地の文化や風習の違いに適応できるのかという不安を持っている女性が多く見受けられました。

また、男尊女卑が激しいなど、今でも日本には多くの人が前世代的だと考えるような“古い考え方”を色濃く残している地域もあります。彼の実家がそのような“古い考え方”をするような家の場合、お嫁さんは苦労することになるかもしれません。

 

■帰省が大変そう

「帰省が大変です。時間とお金がかかる」

正月やお盆などの帰省の際、彼の実家が遠ければ遠いほど、それに比例して交通費も高くなっていきます。将来的に家族が増えて4人で帰省……なんてことになれば、帰省にかかる費用は家計を圧迫するレベルにまで膨らんでしまうかもしれません。

しかし考え方によっては帰省が大変なので「かえって頻繁にいかなくてもいい口実になりそう」と考えることもできるようです。

 

■相手の親との同棲を考えると不安

「旦那の実家に住まないと行けなくなったとき、地方だとガラリと環境が変わる」

「将来の義理の親の介護などが不安」

多くの女性が不安に思っていることとして、相手の親との同棲や介護の問題が挙げられていました。若い頃は遠く離れて住んでいればよいかもしれませんが、義理の両親の介護が必要になった際など、遠く離れていることで様々な問題が生じてくる可能性があります。

都会での生活を捨てて田舎に移住することや、介護にまつわる問題などを現実的な不安要素として考えている女性が少なくないようでした。

 

いかがでしたか?

結婚には愛が必要ですが、将来を考えると現実的な問題も出てきます。しかし、愛し合った2人なのですから、どんな問題が出てきても2人で乗り越えていけるはずです。相手のことが好きならば、出身地なんて些細な問題ですよね。

 

【関連記事】

※ カラダのガードも西高東低?実はこんなにある「日本の恋愛地域差」

※ 「夫の実家に疲れる妻」に男がぜーんぜん気を使えない理由が判明

※ 傾向アリ!「モテ男子の出身地」3位北海道、2位岩手…納得の理由

※ 付き合い楽チン!「サバサバ系男子」が多そうな都道府県第1位はココ

※ カレの実家でお手伝いする?6割の女性が悩む「帰省中のさじ加減」

 

【姉妹サイト】

まったり癒しの休日に!ウチ飲み女子がハマる「クラフトビール」の選び方

美容液より大事!「お肌がボロボロになる」寝る前のNGな過ごし方

 

【参考】

ボイスノートマガジン – クリエイティブジャパン

 

【画像】

MH photography (leminhhieu)