> > 女子必見!男子との「会話のキャッチボール」に困らなくなる方法

おすすめ記事一覧

女子必見!男子との「会話のキャッチボール」に困らなくなる方法

2015/09/25 22:30  by   | カップル, デート, モテる女, 出会い

男性と会話のキャッチボールが続かないで、困ったことはありませんか?

男性と女性はコミュニケーションの取り方がどうも違うようで、お互いに何を言っているのかよくわからない……なんて事態もよくおこりがち。

女性とのコミュニケーションが上手な男性ももちろんいますけどね。そういった男性は、遊び人であることも多いのです。

そこで、今回は、会話のキャッチボールがなかなか難しい男性がいた場合の対処法を、恋愛コラムニストのナナミ・ブルボンヌさんと共に考えていきたいと思います。

 

■1:質問する

「もう一問一答でいいです。とにかく、なにか質問する。

そして、何か相手が答えたら、それを拾い、“へー! 実は私、この間こんなことあったんですよー”と反応しましょう。それに反応してくれたらラッキー、くらいな感じで大丈夫。もし、反応がなくても次の質問にいきましょう。

もちろん、反応してくれたら、話をふくらませていいですよ」

 

■2:司会になる

「女性となかなか話がつながらない男性っていうのは、自分から話をするのが苦手なんですよね。だから、司会者になったつもりで、話を聞き出してあげる。

その方法としては■1でもお話した“質問する”というのがありますね。そして、相手が話した内容に関して、大きく反応してあげる。

理想は小堺一樹さんでしょうか。盛り上げていきましょう」

 

■3:いじる

「司会者っていうのは、すごくいいイメージでしたね。

質問する、以外に司会者がやってるテクニックをみていきましょう。たとえば、相手を“いじる”というのがありますね。

おとなしいタイプの男性は、意外といじられると喜びますよ。

気をつけたいのは、あまり身体に関することは言わないことですね。相手の話した内容から拾うのがいいでしょう。たとえば、こちらから質問しやすい、出身地などいいでしょうね。

“出身どこですか?”と聞いて、たとえば“東京だよ”なんてノーマルな回答でも、“でたー! 東京、こわいっ!”のように大げさにやるといいでしょうね」

 

いかがでしたか。男性は女性と違って、無口で寡黙……というのはあまりにも古臭いイメージですが、相手が女性だとかっこつけているのか、緊張しているのか、あまりしゃべらなくなっちゃう人も多いですよね。

そんなときは待ちの姿勢でなく、司会者になったつもりで、テーブルエンターテイナーになって、場を盛り上げてみてください。

 

【関連記事】

※ 1時間に1回はやりたい!男が抱きしめたくなる「女のしぐさ」4つ

※ アソコは太くてOK!男が「やべ…もうムリ」となる女のパーツ6つ

※ え…そこかよ!「ついに女子の裸を見たオトコ」が思うこと5つ

※ もうバレバレ!見たらわかる「浮気しちゃったオトコの態度」3つ

※ キムタク発動!? ケンカするとすぐ「もう別れよう…」への対処4つ

 

【姉妹サイト】

コレは意外!癒しだけじゃない「アロマを実用的に使う」アイデア3選

もう男として見れない!? 産後「夜の生活が減った」夫婦はなんと●%

 

【取材協力】

※ ナナミ・ブルボンヌ・・・元No.1キャバ嬢のライター。スポーツ新聞などでライターをつとめる傍ら、ネットショップでレディースウェアやコスメも取り扱っている。著書『キャバ嬢とヤれる極意』も絶賛発売中。現在も勉強のためキャバクラに勤務中。

 

【画像】

Edyta Pawlowska / Shutterstock

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'小川沙耶'の過去記事一覧