ボディタッチじゃ物足りない!オトコが求める「ボディアタック」4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

男性の気を引くための手段として、ボディタッチは定番です。男性は気付いていないふりをしながらも、その部分に意識を集中。「俺に気があるのかな……」と思いを巡らせます。

でも、そろそろボディタッチにも慣れてきてしまっている男性もいます。もっとハードな刺激を求めているのです。ここは激しいアタックで、相手を振り向かせましょう。

今回は、仕事がら、男性の意外な官能ポイントを研究している官能小説家の筆者が、“男性が求めるボディアタック”をご紹介します。

 

■1:二の腕を平手打ち

二の腕や太ももは面積も大きいので触れやすい。ボディアタックには適した箇所です。男性がおちゃらけた行動をとったとき、その部分を思い切りひっぱたいてやりましょう。「痛っ!」と悲鳴を上げますが、肉も厚いので、実際それほど痛みはありません。ジンジンと心地良い痺れとともに、あなたの印象がしばらく残るはずです。

 

■2:お尻をつねる

ドラマや映画などでありがちなシーンです。強気な女の子が、空気の読めない発言をした男の子のお尻をキュッとつねる。痛がる男性を見て、周りは「おいどうした?」となりますが、そこであなたが「なんでもないですよ」とごまかすのです。すると、ここで秘密の共有が成立し、二人だけの空間ができあがります。

 

■3:額を叩く

すっとぼけた発言をする男性の額を、芸人さんのツッコミのごとく叩きましょう。「なんでやねん」という一言が添えられるとなお良し。男性は呆気に取られますが、周りは大爆笑。男性もご満悦です。頭部を触られたことで、親近感も湧くはずです。スナップをきかせて、ピシッと大きな音を立てて叩きましょう。

 

■4:胸にパンチ

拳を握り、胸元めがけてストレートを放ちましょう。「ハートが大事だろう」というメッセージです。女性からの熱いエールに、男性も奮起するはず。目を覚まさせてくれたあなたに、男性は胸キュンです。ふざけて「俺も~」と胸を触ってくるような男もいますが、そこはカウンターでさらにもう一発食らわせましょう。

 

いかがでしたか?

刺激というのは次第に慣れてくるものです。慣れはドキドキを遠ざけてしまいます。ですから、相手に見合った適度な刺激を与えられたらいいですね。でも、強い刺激を与えすぎて、あまり変な方向にいかないように注意も必要かも?

 

【関連記事】

※ ●か月以内が高成功率!女子の4割が「告白は自分から」と判明

※ なぜ美人でもない女がモテるのか?その理由は瞳にあった

※ 心理学者が伝授!シャイなあなたが告白なしで「好き」を伝える方法

※ やはり目ヂカラで勝負!「瞳の大きな女性ほどモテる」科学的な理由

※ 男は女の「あなたがすべて」との告白に弱いことが明らかに

 

【姉妹サイト】

たった30%しかいない!? 共働き妻を満足させる「イクメン夫」の条件3つ

※ この3つで失敗なし!「スイスイ歩けて美脚も叶える」靴選びのコツ

 

【画像】

propositive/Shutterstock