> > 私って嫉妬深い?だったら「今すぐやるべき」たったひとつのこと

おすすめ記事一覧

私って嫉妬深い?だったら「今すぐやるべき」たったひとつのこと

2015/10/06 18:30  by   | カップル, デート, モテる女, 出会い

好きなひとができると、どうしても相手を独占したくなります。

それは、誰にでもある感情です。

ですが、その気持ちが強すぎてしまうと、嫉妬になってしまい、自分も相手も苦しめることになりますよね。

嫉妬しなきゃいいだけなのにといっても、そう簡単に自分の気持ちをコントロールすることはできません。

イェール大学で学んだRobert Leahy氏が、『Psychology Today』に寄稿した記事によれば、嫉妬しないためには、一つの方法があるといいます。

いったい、それはなんなのか。記事をもとに、詳しく紹介したいとおもいます。

 

■嫉妬の原因

そもそも、ひとはなぜ嫉妬をしてしまうのでしょうか。

理由は様々ありますが、ひとつには、過去に経験した苦い思い出があるからです。

昔の彼が浮気したような同じシチュエーションを経験することで、その記憶が思い出され、傷つき嫉妬につながっていくわけです。

 

■嫉妬をしないためには

つまり、嫉妬をしないためには、過去の経験を再度体験しないことが重要になってきます。

Robert Leahy氏によれば、なぜ自分が嫉妬をしているのかをちゃんと理解することが大事だといいます。

そして、自分がどうして嫉妬しているのかを、パートナーに伝えることが必要だというんです。

たとえば、それは「昔、同じ様なことがあって、嫌な気持ちになったことがあるから、あなたはしないで欲しいの」というような、簡単なことでいいのだとか。

たしかに、恋人と付き合っているなかで、とりわけ浮気とか悪いことをしたわけではないのに、相手に嫉妬を感じたり、イライラしたりということがあります。

それは、過去の恋愛の悪い影響。

相手からすれば、なぜ嫉妬をしているかわからないもの。

ちゃんとそれを伝えたほうが、嫉妬をしなくなるばかりではなく、お互いのことがより良く理解でき、もっといい関係が築けるようになります。

 

いかがですか。

彼に嫉妬を感じたら、一人で抱えないで彼と話し合うことが大切なんです。

 

【関連記事】

※ 8.2秒でドーン!オトコが「恋に落ちるのに必要な時間」が判明

※ ゲゲ…恋愛格差アリ?乗り越えるために必要な「2つのこと」とは

※ 数学者がTEDで語る「出会い系で勝てる」意外な恋愛方程式とは?

※ どっちのアイスクリームが好き?本性がわかる「選択問題」3つ

※ 関西人だからじゃない!女子が「オモシロイ男子が好き」な理由とは

 

【姉妹サイト】

やっぱり譲れないわっ!キャリア女性ほど重視する「転職の条件」トップ3

めざせ鉄メンタル!ネガティブ女子を克服するための簡単変身テク

 

【参考】

※ Jealousy is a Killer: How to Break Free from Your Jealous Feelings – Psychology Today

 

【画像】

Aleksandar Mijatovic / Shutterstock

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'平松隆円'の過去記事一覧