ターゲット間違えてない?「恋愛マーケティング」で結婚秒読み宣言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

大学時代に”マーケティング ”は勉強したけど、そーいえばこれってビジネスだけではなく恋愛にもあるのかな?って感じるのです。

例えば「結婚したい」と言っているのに、クラブに彼氏を探しに行く女子もいますがそれって探す場所、間違っている気がしませんか? 自分に合う人をターゲットに設定する、これを“恋愛マーケティング”と考えてみたいと思います。

心理カウンセラーの筆者が、恋愛マーケティングのやり方を教えます。

 

■1:まず自分の身の丈を理解する

例えば自分が40歳で見てくれも良くない女性だとします、そしてその理想の相手が20代でモデルをしている男で、更にお金持ち。「そうじゃないと結婚しない!」と言ったとします。

それってちょっと難しくないですか? お金をあげるなら別かもしれませんが……。まず、自分を見ること! 自分の身の丈を理解して、同じレベルが自分のマーケットです。

 

■2:自分のマーケットの男は何を求めているのか?

次に、自分のマーケットの男は何が欲しいのか、どんな見た目が好きなのか?を考えていきましょう。

例えば、結婚を考えている男は結婚相手に何を求めているのか?

何歳くらいが希望か? 子供は欲しいのか? 子供はいらないのか?

相手が何が欲しいのかがわかれば、今度はその相手の欲しいものは自分が持っているのかどうかを考えます。もしも持っていないのであれば身につけること。

もしくはそれをカバーできる特別な何かを身につけましょう。

 

■3:ターゲットの集まる場所へ探しにいく

筆者の友達に、彼氏を見つけに行くとクラブに行く女性がいます。しかし、クラブは遊び人が集まる場所で、そこで彼氏を見つけるというのは難しいのです。本人は彼氏と思っていても、相手には遊び相手だと思われているかもしれません。

当然クラブに結婚相手が居るのか?というと、それはさらに難しいことだと思います。

もし結婚したいのなら結婚相談所で結婚したい人を紹介してもらう方が効率は良いでしょう。

 

 少し厳しい言い方かもしれないですが、この記事を読んでドキッとした人も沢山いるのではありませんか? 特に“結婚”となると、向いている男性とそうでない男性とがいます。

結婚できない女性は、この結婚向きではない男性ばかりと付き合っているのかもしれませんよ。

 

【関連記事】

※ 仲間意識が鍵?フリーマーケットに素敵な出会いが落ちている訳

※ 今からでも間に合う!夏の旅行先「バンコクよりもハワイ」が狙い目

※ 運気がダダ下がる!「ネガティブ発言ばかりの男子」への対処法3つ

※ アラサー100人調査でわかった!彼氏が「いる人・いない人」の違い

※ 本当!? 「アレに狙われやすい男」3位ラグビーマン、2位柔道家…

 

【姉妹サイト】

やっぱり譲れないわっ!キャリア女性ほど重視する「転職の条件」トップ3

めざせ鉄メンタル!ネガティブ女子を克服するための簡単変身テク