「福山も独身」はもう言えない!親は40代息子こそ結婚してほしい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

福山雅治さんに国分太一さん、堀北真希さん……。大物芸能人の結婚報道がワイドショーで取り上げられるたびに、親に「ところでアンタの結婚はまだ?」とつっこまれる、という人も多いはず。

「いい加減、放っておいてほしい!」と思っても、なかなか諦めてくれないのが親というものです。一体、いつまで親は独身の子供を心配しているのでしょうか……。

そこで今回は『パートナーエージェント』による、20~49歳で未婚の男女を対象にした「お盆の過ごし方」に関するアンケート調査をもとに、独身男女を持つ親の心境についてご紹介します。

 

■独身娘が40代になると親も口出しせず

同調査から、現在、親と別居していて「(お盆に)実家に帰った」未婚の男女では、親との間にどのくらい“婚活・結婚”の話題が出たのかの割合をみていきましょう。

未婚女性の場合、“婚活・結婚”について話すのは、20代の30.8%がピーク! 30代では20.5%にまで落ち込み、40代では、わずか4.7%と、「40代の独身娘と親は“婚活・結婚”の話題はほぼナシ」という状況がわかります。

 

■親は40代息子にこそ結婚してほしい!

一方、未婚男性の場合、親との間で“婚活・結婚”について話す割合は20代が16.0%、30代が12.5%、そして、最も高いのが40代の20.0%という結果に!  女性とは逆に、20代~40代のなかでは「子供が歳をとるほど、結婚への期待が高まる」と判明しました。

親も、息子が40代になると「そろそろ、家庭を持って落ち着いてほしい」と、真剣に心配しだす頃なのかもしれませんね。

 

■40代前半には結婚の話題は逆効果?

では、親と“婚活・結婚”について会話したことについて、当の子供達はどう思っているのでしょうか?

“最近、親と婚活・結婚について話した”という回答者に絞った調査をみてみると、20~24歳が最も「やる気になり、すぐ行動に移そうと思った」と回答。

しかし、40代前半になると「特に何も思わなかった」が最多の71.4%。次に「婚活に対してやる気がなくなった」「婚活に対してやる気になったが、すぐ行動に移すのは難しいと思った」がともに14.3%という結果になっています。

40代前半の未婚男女には「結婚しないの?」などという親の突っ込みは、むしろ逆効果ともいえそうです……。

 

いかがでしたでしょうか。もし、いま20代30代で「結婚をせかす親がうっとうしい」と思っても、40代になれば、鉄の心で聞き流せるようになるのかもしれませんね。

 

【関連記事】

※ 3位松下奈緒、2位仲間由紀恵「●●が良い」芸能人トップ3発表

※ 1位は元AKBの●●!男に「言われたくない」似ている芸能人

※ この3人だ!似てる〜と言われれば「ポチャ子認定は確実」な有名人

※ 似てるー…と言われれば「ウザ子認定」確実!危険な3人の芸能人

わかりやすーいOKサインが効果的!男子に誘われるLINEテク

 

【姉妹サイト】

モテ自覚者が5人に1人!「男性人気ナンバー1」アノ職業の恋愛実情

※ バリキャリ女子はNG!? 女性が言う「かっこいい」は男に通用しない

 

【参考】

※ 「お盆の過ごし方」に関するアンケート調査 – パートナーエージェント

 

【画像】

Syda Productions / Shutterstock