> > 独身男子ドン引き!オトコを追い詰める「恐怖のゼクハラ」とは…

おすすめ記事一覧

独身男子ドン引き!オトコを追い詰める「恐怖のゼクハラ」とは…

2015/10/31 20:30  by   | カップル, デート, モテる女, 出会い

そこのアナタ、そこそこ長く付き合っている彼氏が、なかなかプロポーズしてくれないなぁ……なんてお悩みではないですか?

もしかしたらその理由は、アナタの知らず知らずやっている行動や言動にあるかもしれませんよっ!

ちまたでは結婚雑誌『ゼクシィ』を置いて結婚したいアピールをすることから、結婚を焦るあまり彼の意向を無視して一方的に結婚話を進めていく女性の行為を「ゼクハラ」とも言うようです。

そんな男子がドン引きする“ゼクハラ”とは……?

銀座ダイヤモンドシライシが行った「結婚に対する意識調査」と、筆者の2,500回に及ぶ合コンで聞いた男子のボヤキを参考に紹介します。

 

■3位:逃がさないっ! “外堀を埋めまくり”アピール・・・26.8%

“友人に話を広めて回りから勧めてもらうようにする”が第3位となりました。バレさえしなければいい気もしますが……。

男子の意見としては、

「自分の恋愛について、友人でも他人からとやかく言われたくない」

「結婚だけが目的? 悪者扱いされてるようで気分が悪い」

等、恋バナ好きな女子に対してデリケートな男子の心理がうかがえます。

 

■2位:ソコにも! ココにも! “結婚情報誌”がっ!・・・37.2%

続いて“結婚情報誌をさりげなく置いている”が2位となりました。

これぞ元祖“ゼクハラ”こちらは同棲をしているカップルの場合が多いようですが。男子からはこんな意見が

「プレッシャーに追い詰められる」

「無言の圧力が半端なくて怖い。ハッキリ言ってくれた方がいい」

等、モノ言わぬ雑誌の半端じゃない攻撃力に男子は逃げたくなるようです。

男子「よし! “逃げる”を選択だ!」

で極めつけはコレ!

 

■1位:最後の砦……親を出してくる・・・41.2%

ドン引き1位は“「親がうるさいんだよね……」などと周囲の話をする”でした。

コレは結構普通に言ってる人も多いのではないでしょうか? まぁプレッシャーかける気はゼロではないですが、そこまで気にしなくてもいいのに……とも思いますが、男子の意見としては、

「正直リアクションに困る」

「親のせいにするのは反則だと思う。大事なのは自分の気持ちじゃないの?」

大事なコトは男子から言ってほしいもの。「大和撫子たるもの、男性を立てるためにきっかけを与えているだけなのに~ぃ!?」なんて言い訳は通用しません……。

やはり恥ずかしくても自分の口からちゃんと伝えることが大事ですね。

しかしながら、「“逃げる”を選択!」したものの……、“しかしまわりこまれてしまった!”(ドラクエ風)。そして戦意喪失……。

という風に“ゼクハラ女子”に籠絡され、あれよあれよという間に結婚してしまっていた……なんて男子もちょいちょい聞きます(笑)。

一方で結婚してほしいアピールとして“さりげなくて好感が持てる行動”に関しては、「○年後はどうしてるかな…」などと将来の話をする(46.8%)が首位。続いて、“手料理やお弁当を作って、家庭的なことをアピールする”(44.4%)という結果となりました。

 

彼氏に結婚を意識させるには、リアクションに困る“第三者(雑誌含む)を介したアピール”はせずに、自然と彼氏の方から“結婚の話をさせる”ようなアピールが大事ということですね。まるで『北風と太陽』ですね。

 

【関連記事】

※ 顔じゃなかった!「すぐオトコからプロポーズされる女性」特徴3つ

※ 悲報!「あなたは一生プロポーズされないかもしれない…」と判明

※ これで年貢の納め時!「遊び人カレシ」にプロポーズさせる方法4つ

※ 待ちたくない!プロポーズ待ち女子が「実践すべき最終手段」3つ

※ うっ!胸にしみる…「プロポーズされない私たち」のありがち理由3つ

 

【姉妹サイト】

28%しか持ってない!? 「女性のキャリア形成」に影響するモノの実態

2位は部屋に結婚情報誌…男がドン引きする「結婚したいアピ」1位とは

 

【参考】

結婚に関する意識調査 – 銀座ダイヤモンドシライシ

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'takara0722'の過去記事一覧