貧乏デートvs土日返上!「婚約指輪の買い方でわかる」男の性格

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

愛しのカレが、自分との結婚のために努力してくれていると知ったら……。とっても嬉しいですし、愛を感じちゃう女性も少なくないのでは?

でも、現代の女性ってワガママなのも事実。いくら自分のためにとはいえ、納得いかない方向に努力されちゃえばドン引きすることも……。

キャリアデザインセンターの調査情報によると、いくら自分のためであっても、オトコの努力の方向が間違っていると納得できない女性も多い実態が明らかに!

さっそく、お伝えします。

 

■5人に3人の女性が貧乏デートがイヤ

266人の働く女性に対し、プロポーズされるなら、「指輪買うために3カ月間土日返上で働く」or「指輪買うために3カ月間貧乏デート」のどちらの営業マンがイイかと二択で尋ねてみると、60%もの女性は「指輪買うために3カ月間土日返上で働く」を選択したそう。

いくら自分の指輪のためとはいえ、「貧乏デートを強いてくるオトコは勘弁してっ!」という女ゴコロが読み取れる結果です。

婚約指輪って、2人にとって初めての大きな出費が伴うアイテムでもありますし、そのためのお金をどうやって捻出するのかでオトコの性格があらわれる部分ですよね。

 

■婚約指輪の買い方でオトコの性格が丸わかり!?

「指輪買うために3カ月間土日返上で働く」を選んだ女性の意見としては、「自分の努力でなんとかしようとする責任感の強さを感じる」、「“節約”でなく“新たに稼ぐ!”という前向きな考え方がいい」と、オトコの本質を賞賛するコメントが目立ちます。

婚約指輪を買う努力の姿勢を通じて、これから末長~く人生を共にする男性に責任感やポジティブさがあるのかをジャッジすることもできそうです。

また、ストレートに「貧乏はイヤ」という女性もいて、婚約指輪ひとつで、彼の財力がどの程度なのかを判断するシーンにもなりますよね。

つまり、結婚前に本性を知るためにも、エンゲージメントリングって有効なのですね。でも、せっかく努力して購入したリングとともにプロポーズしたのに、あえなく撃沈!の男性って、ちょっと可哀想ともいえるかもしれませんね!

 

いかがですか?

意中の男性が、自分に婚約指輪を買おうとしていることを知れば、飛び上がるほど嬉しい女性は少なくないでしょう。

自分のために土日を返上してくれているのなら、デートできなくても我慢できちゃう女性がおよそ5人に3人とも読み取れますよね。

婚約指輪って、その男性の財力や資産をズバリあらわしちゃうアイテムでもありますから、オトコにとってもプレッシャーがあるアイテムかもしれません。

あなたのカレも婚約指輪を買うために、なんらかの努力をしていそうですか?

 

【関連記事】

※ ゲッ…そこ!? 婚活しているのに「結婚できない女性」の真実3つ

※ 87%の女子が支持!ビンボー男子の境界線は貯蓄額「100万円」

※ 私のドコが悪いの!? 結婚できない理由1位は…「相手のせい」

※ 大手企業とか…!結婚後にいらないとわかる「ありがちな理想」3つ

※ ボーダーラインは40代で600万円!離婚率の悲しい現実とは…

 

【姉妹サイト】

82%が復職希望だけど!産後ママが直面する「仕事復帰の不安」とは

げ…やってた!夏バテや肌アレの原因「夏冷え」を招くNG行動3つ

 

【参考】

“プロポーズされたい営業マン”についてのWebアンケート – キャリアデザインセンター