そんなに欲しいの?「恋人と過ごすクリスマス」その実態とは…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

クリスマスの季節が、近づいてきました。街に流れるクリスマス・ソングや、イルミネーションを見るとテンション上がりますよね。

ですが、それは恋人がいる人に限った話。クリスマスを一緒に過ごす相手がいない人は、クリスマスなんてなければよいのに、と思うかもしれません。

アスクリードの調査によれば、20代男性の7割が、クリスマス時期にカップルをみると羨ましくなると回答しています。これって、もし好きな人に恋人がいない場合、告白する絶好のチャンスということでもありますよね。

 

■クリスマス時期にカップルをみると羨ましくなる

調査によれば、男性では20代で69.4%、30代で48.5%、40代で53.8%のひとたちが、クリスマス時期にカップルをみると羨ましくなると回答しています。

これが女性の場合は、20代で83.3%、30代で65.4%、40代で50%。

 

■クリスマス、本当は恋人と過ごしたい

これは、クリスマスを共に過ごしたい相手に関する質問からもみえてきます。

男性は20代で86.1%、30代で60.6%、40代で76.9%が、恋人と過ごしたいと答えています。

ちなみに、女性では20代で73.3%、30代で57.7%、40代で50%という結果でした。意外と女性よりも男性のほうが、恋人と過ごすクリスマスを切望しているようなんです。

 

■恋人と過ごしたいイベント

1年のイベントのなかで、クリスマスといえば、やっぱり“恋人同士のもの”というイメージが強いですよね。

恋人と過ごしたいイベントについて質問したところ、クリスマスと答えた割合は21.3%。次いで、年越しが12.7%、バレンタインが2.7%という結果でした。

最も多かったのは、誕生日(59.3%)ですが、それは当然として、クリスマスが第2位で、年越しが第3位という結果はおもしろいですよね。

 

いかがですか。これから年末年始に向けて、恋人たちのイベントが目白押しです。恋人のいない人は、今がチャンスなんですよ!

 

【関連記事】

※ 「やらしいことばかり考えてる」って本当?薄毛男性にまつわる真実

※ 「寒くなると人恋しい…」のは本当に身体を温めるためと判明

※ 下着はやっぱり赤!なのに「69%の女性はもっていない」調査で判明

※ お漏らし注意はお口にも…トイレを我慢すると「ウソがばれない」

※ 20代の7割以上!意外と納得「男性が眉を整える一番の理由」とは

 

【姉妹サイト】

82%が復職希望だけど!産後ママが直面する「仕事復帰の不安」とは

げ…やってた!夏バテや肌アレの原因「夏冷え」を招くNG行動3つ

 

【参考】

※ 「クリスマス」についてアンケート調査 – アスクリード