木村拓哉もやってた!「女子がキュンキュンしちゃう」行動3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

昨年流行した壁ドン! 先日もドラマ『5→9』(フジテレビ系)でもありましたね。実際にされたらどうでしょう? 想像できますか?

女性は妄想が大好きですよね。でも、壁ドンよりもキュンキュンする行動があるようなのです。そしてその行動は昔から変わっていないことがわかりました。

マンダムが行った調査の結果から、イマドキ女子が求めているキュンキュンシチュエーションを見てみましょう。きっとあなたも「あぁ~、それいい!」となるはずです。

 

■安定のあすなろ抱き

あすなろ抱きとはドラマ『あすなろ白書』で木村拓也さんが石田ひかりさんを後ろから抱きしめるシーンが元となったものです。ドラマは1993年のものなのに、未だに憧れのキュンキュンシチュエーション第1位を獲得するとは安定の人気ぶりですよね。

ドラマではブランコに座っている状態で後ろから抱きつかれていましたが、実際に外でしてもらえることは少ないのではないでしょうか。

してもらえそうなのは、お家デートのときですよね。彼を家に招いたときには、少し寂しそうに背中を向けて丸まって座ってみると、男性があすなろ抱きをしやすいかもしれませんよ!

 

■頭ポンポン

男性から頭をポンポンとされるのはどうして人気が高いのでしょう。映画『図書館戦争』でも、その叩き方から主人公は自分の上司が“憧れのひと”なのだと理解します。

頭ポンポンは、女性の守ってもらいたい本能を刺激するのかもしれません。男性のほうが平均身長は高いので、その男性から少し下にある自分の頭を触られるのは安心する気がしませんか?

職場では間違ってやってしまうとセクハラと認定されてしまう可能性があるので、男性はやりづらいかもしれないですね。これも家デートで頑張ったご褒美にしてもらえたら、最高にキュンキュンしちゃいそうです。

 

■床ドン

第3位に入ったのは床ドンでした。床ドンは壁ドンよりもかなり男性の野性味を感じます。女性は本能的に男性に強さを示されるとキュンとしてしまうのかもしれないですね。

床ドンはカップルになってからも、なかなかしてもらえることはないかもしれないので、妄想する女性も多いでしょう。草食系といわれる男性に求めるのは、ちょっと酷です。

 

さて、あなたがキュンキュンするシチュエーションはありましたか? これ以外にも女性はドラマや漫画などをみて妄想を膨らませていますよね。

実際に、こんなことをしてくれる相手が現れたら最高にハッピーですね!

 

【関連記事】

※ 末長〜く愛し合うなら!オトコには「丁寧にしてほしい」アノ行為

※ 彼のはどれ?「乗っているクルマでわかる」男性の結婚適性3つ

※ 何回も何回も…●●する!「アレがヘタクソな男」ヤバい特徴3つ

※ 96%がアレ好き!女性が本気で憧れる「彼の胸キュン動作」3つ

相性バッチリでも…!結婚ブチ壊しになる「●●の習慣の違い」3つ

 

【姉妹サイト】

誰でもデキちゃう!「信用できる文章」に仕上げる確認ポイント3つ

とっとと次いこ!近い将来「あなたと絶対結婚しない男」の特徴4つ

 

【参考】

恋愛意識と接近願望に関する意識調査 – マンダム