「ゴールのない…報われない恋でもイイ!」快楽の果てにあるもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

そこのアナタ、不倫したコトありますか?

ヘヴィな話題はあえてキャッチーに聞く派ですよ。

ちなみに筆者は……この行間を読んでいただければと思います(笑)。

不倫の意味を調べてみたら「ひとが踏み行うべき道からはずれること」なんて書いてありビビりましたが、果たして不倫をしているひとは本当に道徳に背いている人なのか?

合コン2,500回参加で合コン漫画家でもある筆者は、たくさんの恋模様をみてきましたが、不倫をしているのは、むしろ一見真面目そうなひとが多い印象です。

諸々の調査結果や『Menjoy!』過去記事を参考に不倫や浮気について考えてみたいと思います。

 

■恋はするものじゃなく、落ちるもの

なんて有名なセリフがあるように、恋は狙ってできるものではありません。

気合い入れていった合コンでゲットしたイケメンよりも、辛いときに話を聞いてくれる男の同僚にトキめいてしまうものです。

実際に不倫経験者たちによるコミュニティサイト『不倫ノートブック』のアンケート結果からも、不倫相手と知り合ったキッカケは職場・学校が半数以上で1番多く、当然狙った出会い方ではなく「まさか、私が……!」と、戸惑いながら溺れていってしまったと推測できます。

メールが来たら嬉しくて仕方ない。でも土日に連絡が途絶えると死にたくなる……。

きっとそんな躁鬱な日常を過ごしている方も多いのではないでしょうか。

 

「さてどうしよう」

 

■精根尽き果てるまで溺れてみる

不倫や浮気はパワーを使います。

本命やパートナーに秘密をもつというコトや裏切りの行為に対し、罪悪感を抱くひとは、アンケート結果でも7割を超えており、多くのひとが苦しい気持ちになりつつも……それでも不倫をしているようです。

Why?

単純に……苦しみを超える気持ちよさがあるからです。

実際にアンケートでも約半数が“不倫相手と毎日数回連絡を取っている”と答えており、会う頻度については“週に数回”が最も多く、下手したら普通のカップルよりも多いんじゃ!? なんて結果が出ております。

『Menjoy!』の過去記事を読むと、不倫をする男性はマメでノリがよく甘え上手なひとが多いようで、そりゃあハマるのも分かりますね。

世間から見たらタダの浮気相手……。

でも恋は盲目というように人間は本能的に恋をしているとき、他の情報は耳に入らなくなります。

「もう……彼さえいればそれだけでいい」

 

■続く恋・終わる恋

一方で、こんな調査結果もあります。

『ぐるなびウエディング』が行った「結婚相手と知り合ったときに自分には別のパートナーがいたか?」というアンケートでは、女性では20%超えの約5人に1人、男性でも16%が“いた”と答えております。

パートナーがいるときでも、それ以上の相手と出逢えば結ばれるひともそれなりにいるようです。

ですが多くの場合、いずれくる不倫の恋の終焉……。

でも怖がる必要はありません。

『Menjoy!』過去記事や様々な研究結果から“新しい恋が失恋の特効薬”というコトが分かっております。

「簡単に気持ちの切替なんてできない」という場合は、それまで相手に時間を費やし過ぎているので、疎遠になっていた友人や家族とたくさん会ってみるといいと思います。

特に長い付き合いの友人なら慰めてもくれるし、厳しい言葉もくれます。

大事なひとが彼だけではないと気づくはず!

「恋する気持ちをありがとう!」

 

いかがでしたか。

昔、島田紳助さんが『行列のできる法律相談所』で、「“惚れたほうが負け”ではなく“惚れたほうが勝ち!”なぜなら、いっぱい好きになったほうが、いっぱい楽しい思いをするから」と熱弁しているのを観て、すごーく納得した筆者です。

 

【関連記事】

※ やはり妻が一番イイ!「不倫してた男性」が奥さんに戻る瞬間とは

※ 女の不倫はほとんどバレない!? 驚きの不倫経験者の実態が判明

※ なんと4人に1人が…!日本のヤバすぎる「不倫事情」が調査で判明

 

【姉妹サイト】

やっぱり譲れないわっ!キャリア女性ほど重視する「転職の条件」トップ3

めざせ鉄メンタル!ネガティブ女子を克服するための簡単変身テク

 

【参考】

不倫アンケート集計結果 – 不倫ノートブック

※ 結婚につながる恋・つながらない恋に関する意識調査 – ぐるなびウエディング

※ 弁護士は見た!不倫に走ってしまいがちな男の特徴4つ – Menjoy!

※ 「新しい恋が失恋の痛みを忘れる理由」心理学で明らかに – Menjoy!