> > デートで喧嘩に…?男女で違う「行きたい・ヤリたい」の攻略法3つ

おすすめ記事一覧

デートで喧嘩に…?男女で違う「行きたい・ヤリたい」の攻略法3つ

2015/12/26 22:00  by   | デート

日常、様々な男女のクライアントからご相談をいただく、心理カウンセラーの筆者ですが、ご相談の内容は圧倒的に恋愛問題が多くなっています。

そんな中から見えてくるのは、“男性が考えているロマンチックなデートプランと、女性が考えているロマンチックって、微妙にズレがある”っていうこと。

でも、その微妙なズレを絶妙にマッチングしてくれるデート先が見つかれば、彼に「エー」なんて言われずにすんなり連れて行ってくれるかも!

そこで今回は、男女ともに楽しめるデートの場所や方法を、恋愛相談のプロである筆者が提案します!

 

■1:水族館

最近は、ものすごくおしゃれな水族館が増えています。

ただ魚が泳いでいるというだけではなくて、夜間のライトアップや、イルカではなくて、魚のショーも見応えがありますね。

駅の近くにもあり、気軽に会社帰りなどにデートに誘いやすいので忙しい男子にもオススメです。

最大の、心理的なおすすめポイントは、水族館には水があるってこと!

水辺、しかも薄暗い空間って、とても神秘的。

その雰囲気で、人間の心が癒されていきます。

水は人にとっても、原初に戻ったような癒やしの力がありますよ。

そして、2人で優しい気持ちになれるので、関係がスムーズに運ぶようです。

 

■2:遊園地

女子は遊園地が大好きですが、男性は苦手な人も多いようです。

だから、遊園地の中でも行き先を厳選するのが大切!

付き合いはじめたばかりで、共通の話題があまりない時に、長蛇の列に並ぶような遊園地を選ぶと、会話に困り間がもたなくなります。

そこで、そんなに混んでないアトラクションを選ぶか、あえて町の小さめの遊園地などを狙ったほうがオススメです。

「あんまり混んでないみたい!」と言ってみると、男性も行きやすさを感じます。

結婚を意識する相手といくのもいいですよ。

なぜなら、遊園地には子供連れが多いので「子供かわいいよね」と話して、子どもに対するイメージを探り出したり、結婚について相手がどんなイメージをもっているか……など、彼の様々な心理を探ったりすることができるからです。

 

■3:プラネタリウム

最近、都内にも、新しいプラネタリウムが増えています。

同じ、薄暗い空間を共有する行動でも、映画とプラネタリウムには圧倒的な差があるのです。

映画では、男性と女性の観たいもの、好みが全然違うこともありがち。

しかし、プラネタリウムでは、ふたりでロマンチックな雰囲気を味わうことができます。

結果的に、終了した後に二人の関係が親密になったり、盛り上がったりを期待できるのはプラネタリウム。

映画では、別に観たくなかった、つまらなかった、途中で寝た……など、逆にトラブルの種を拾ってしまうこともありますからね。

星に詳しい、興味のあるような男性なら尚更良いですね。

 

いかがでしたか?

男性の考えるデートプランはどちらかというと大人っぽいものが多く、自分をスマートに見せたい、という気持ちがあらわれています。

さらにその後、エッチムードに持っていきたいのかなあ、と思うようなプランが多いんですよね。

一方、女性はもっと子供っぽいデートを求めています。

ときどき、「遊園地いきたい~」と言っても、男性のほうは「嫌だ」なんて言っているのを目撃しますが、恋愛経験の少ない男性は、遊園地の楽しさも知らないことが多いようです。

シングル男性同士では遊園地にはなかなか行かないし、詳しくないのでリードもできない。

遊園地に行く自信がない上に、楽しさもわからないのです。

まあ、バレンタインやクリスマスの遊園地は、否が応でも混む傾向。

詳しくない男性は尻込みします。

思い切って誕生日に連れて行ってくれるように頼むと、「誕生日だから、お願いを聞いてあげようかな」という男性も多いようです。

是非試してみてくださいね。

 

【関連記事】

※ そのデートじゃムリ!これが「オトコを恋に落とす」必勝デート3つ

※ 頭の中はエロ満開…!? 初デートで「男が考えてるエッチなこと」3つ

※ ラジオDJ伝授「自然&スムーズ」必ずデートに誘わせる会話テク

※ もうバレバレ?男性が「本命とのデート」でついやっちゃうこと3つ

※ いやーん…エロッ!「発情しちゃってる」男のボディーランゲージ4つ

 

【姉妹サイト】

※ 炎上してもカリスマ的人気!水原希子に学ぶ「自分らしく生きる」方法

オハヨウで1日が決まる!女子アナ直伝「美声アサカツ」簡単テク
【画像】
Mila Supinskaya / Shutterstock

 

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'aoiaikawa'の過去記事一覧