これってホ…ホントなの? 大検証「恋愛にまつわる都市伝説」3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

“LOVE”とか“恋愛”とかって、目に見えずにナカナカ定義ができない分、理想から都市伝説的なものが生まれやすいといえます。

いつの間にか、そんな都市伝説のいくつかは本気で信じられるようになっているようですが、やはり“伝説は伝説に”留めておいたほうがいいのかも。

有名な恋愛都市伝説をひとつずつ検証していきたいと思います。

 

■1:愛し合ってさえいれば、決してロマンスは消え失せない

美しい都市伝説ですが、どうやらこれは、コテコテのロマンス小説・映画の中でしか起きないことのようです。

きっと、人々の「こうだったらいいのに!」という理想や願いが反映されて、生み出された都市伝説だといえるでしょう。

最初は愛し合って結婚しても、毎日の平凡な生活の積み重ねや、恋人から家族になったことで起こる気持ちの変化も影響します。

愛情はあっても、“ロマンス”は永遠に続かないというのが現実ではないでしょうか。

 

■2:子はかすがいで、子どもができたら万事OK!

「子はかすがい」といいますが、いくら子どもが可愛くても、だからといって夫婦関係がうまくいくとは限りません。

子どもが生まれれば生活費は増えるし、子育て・教育方針など、夫婦で決めないといけないことが山ほどあります!

そんなわけで、デキちゃった結婚して別れる夫婦が後を絶たないのです。

彼を永遠に自分のものにしたいからと、わざと妊娠するようなことは絶対しないようにしましょうね!

 

■3:共通点が多くて、趣味が合えば関係はうまくいく

人間は、自分に類似点が多いひとに引き寄せられがちなので、恋愛でも共通点が多かったり、趣味が同じだったりする異性と付き合う機会が多くなるものです。

ですが、あまりにも二人が似た者同士だと、どうしても新鮮味に欠けてしまいます。

全く自分が興味がなかったことをパートナーが好きだったり、異なる趣味を持っていたりすると、今まで垣間見たことがない世界を一緒に体験できます。

それに、たまにはそれぞれが違うことに没頭して、別々に過ごすことも恋愛ではスパイスになるでしょう。

 

“愛し合っているなら、四六時中一緒にいられる”というのも、都市伝説ですね。

“愛が全て!”がテーマの映画は、本編の長さが2時間なので熱愛度がもつのかもしれません。

都市伝説に惑わされないよう、恋愛の本質を現実的に捉えられるようになりたいものですね。

 

【関連記事】

経験数=色の濃さは都市伝説!? 知っておきたい「アレの色」の真実

伸びるどころかハゲちゃう!? 「まつげの都市伝説」真偽が判明

「愛しているから嫉妬する」はウソ!? 恋愛に関する都市伝説3つ

※ やめたほうがいいよ…「アイメイク」に対する男性のキッツ~イ本音3選

都市伝説じゃなかった!ホストが枕営業したくなる女性の特徴

 

【姉妹サイト】

※ 結婚しても泣くだけ!浮気を繰り返す「女グセ最悪男」の特徴2つ

※ 悲劇…!アラフォー独身女性が「5年後に結婚する」確率は4%と判明

 

【画像】

vgstudio / Shutterstock