> > うっふん…ムラムラ〜!すぐに若い「くちびる」になれる簡単な方法

おすすめ記事一覧

うっふん…ムラムラ〜!すぐに若い「くちびる」になれる簡単な方法

2015/12/19 22:30  by   | カップル, デート, モテる女, 出会い

みなさんは、化粧をするとき、いったいどこに気をつけていますか?

透明感のある、きれいな肌をつくろうと、念入りなスキンケアやファンデーションを丁寧に塗っているというひともいるでしょう。

かわいく、目が大きく見えるように、アイメイクに余念がないというひともいるでしょう。

それとも、カレがキスしたくなるような、石原さとみさんのようなぽってりと下唇をつくろうと、リップメイクを頑張っているというひともいるかもしれません。

化粧と一口にいっても、いろいろとポイントがあるわけですが、今回はリップメイクに注目したとおもいます。

というのも、今年は真っ赤な口紅が大注目。

ですが、大人っぽい印象をつくる赤い口紅は、ちょっと失敗すると老けた印象になってしまいます。

そこで、どうすれば赤い口紅を使って、大人っぽい印象をつくりつつ、若くみせることができるのか。

その方法を紹介したいとおもいます。

 

■唇の色の秘密

ところで、あなたの唇はどんな色をしていますか。

当然、赤と答えるひとが多いとおもいます。

では、どうして赤なのか。

それは、唇は顔のなかでも非常に薄い粘膜の部分のため、毛細血管の血の色=赤がみえているからなんです。

ですが、毛細血管の状態は加齢とともに変化し、くすんでいくことが知られています。

なので、年齢とともに、唇の色は暗い色へと変化していきます。

 

■若い唇

そのため、若くみせるためにはきれいな赤の唇をしている必要があります。

『日本化粧品技術者会誌』という学術誌に掲載された「上唇と下唇の色の違いに着目した新しいメイクアップ法」という研究によれば、ひとは下唇のほうが赤みが強いということがわかっています。

そして、上唇と下唇の色の差が、印象に大きな影響をおよぼすそう。

具体的には、口紅を塗るとき、同じように上唇と下唇に口紅を塗るのではなく、その差をうめるように色をそろえると、自然で若く健康的な印象を与えられるんだとか。

 

いかかですか。

ちょっとしたことに気をつけるだけで、あなたの若い印象は大きくアップ。さぁ、今すぐ鏡で確認です!

 

【関連記事】

※ 石原さとみは「一目惚れしかない」!恋に落ちる瞬間の秘密とは…

※ 顔で選んでなにが悪い!恋人に求めるもの「男女で違う」研究で判明

※ ローラが人気の秘密もコレ!男心をくすぐる「モテ女」の特徴4つ

※ なんでオトコはヤリたがるの?「ベッドで中毒症状…」を起こす理由

※ 大学研究でわかった!「キス」について知っておきたい2つの効能

 

【姉妹サイト】

R&B歌手じゃないし!多用すると「周囲をイラつかせる」カタカナ語3選

カロリー制限は意味なし!痩せたい人が控えめにすべき唯一のものは…

 

【参考】

※ 釘宮理友ら(2010)「上唇と下唇の色の違いに着目した新しいメイクアップ法」(日本化粧品技術者会誌)

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'平松隆円'の過去記事一覧