> > 27%がタイミングを勘違い!妊娠にまつわる「ウソorホント」3選

おすすめ記事一覧

27%がタイミングを勘違い!妊娠にまつわる「ウソorホント」3選

2015/12/19 07:30  by   | 結婚

「結婚した暁には、早々にベイビーが欲しいね~!」って話し合っているカップルも少なくないのではないでしょうか?

ラブな彼&可愛い赤ちゃんとの生活を妄想するだけで、幸せな気持ちになりますよね。

妊活情報サイトの『妊サポ』が実施した「妊活に関する意識・実態調査」によると、全国の20~44歳の既婚子ナシ女性1千人のうち、妊活を「現在行っている」というひとは4人に1人にものぼるのだそう。

これって、かなりの割合ですよね。

年齢や環境などから、どんな女性でもラブな彼との結婚後に、思い通りに未来予想図が進まなくなる可能性はあります。

そこで、イザというときのために今から知っておきたい、妊活にまつわる“ウソorホント”を3つ、同調査を参考にお伝えします。

 

■1:排卵日当日の性交渉が1番妊娠しやすい→ウソ!

同調査で、妊娠や不妊に関する知識の認知状況に関する質問をしてみると意外と正しい知識が浸透していない事柄もいくつかあったよう。

ベビ待ちをしているカップルの中には、排卵日当時の性交渉が一番妊娠しやすいと思っている方々もいるかもしれませんが、これは間違いなのだとか!

実際には、“排卵日の2日前から前日の性交渉が妊娠しやすい”とのことですが、認知率は73.5%にとどまりました。

つまり、26.5%にあたる4人に1人は、ラブタイムのタイミングを勘違いしちゃっているよう!

あなたも勘違いしていましたか!?

 

■2:精子も老化する→ホント!

続いて、不妊の原因に関する内容について卵子や精子の老化について質問をしてみると、「卵子が老化すること」の認知率は88.6%と高かったものの、「精子が老化すること」の認知率は78.2%にとどまったそう。

不妊は、女性に限らず男性に原因があるケースも少なくない中、精子も老化することを知っているひとは思いのほか少ないよう。

もしも間違って覚えていたひとは、この機会に正しく覚えておきましょう。

 

■3:人工授精と体外受精は別物→ホント!

そして、“人工授精と体外受精の違い”についての認知率も72.8%にとどまったのだとか。

同調査によれば、人工授精とは採取した精子を子宮に直接注入する治療法で、一方、体外受精とは卵子と精子を体外に取り出して受精させてから女性の体内に戻す治療法です。

もしもカレとの妊活が必要になった場合に備えて、正しく覚えておきたいですよね。

 

いかがですか?

“妊活”という言葉が定番になっていますけれども、正しい知識を備えていないひともまだまだいるのが現状のようです。

勘違いしていた項目があった方は、この機会に正しい知識にアップデートしておきましょう!

 

【関連記事】

※ 1位は密室でムフフ…!? 「ラブ旅行」の意外な不満ワースト3

※ 丸見えですよ!「スケスケのアレ」が大人気3位千葉、2位京都…

※ 男はドン引き!ラブタイムに「積極的すぎる」女子のNG振る舞い3つ

※ 密室の「ぬくぬくタイム」を熱望するオトコの涙ぐましい努力事情

※ 75%が独りよがり!? 既婚男性が「勘違いしすぎな」大ハッスル事情

 

【姉妹サイト】

ウワッ…落とし穴!成果出してるのに「なんかダメな人」の特徴5つ

体温35度台はヤバイ!ガンを招く「内臓型冷え性」カンタン改善策3つ

 

【参考】

妊活に関する意識・実態調査 – 「妊サポ」

 

【画像】

Olena Brodetska / Shutterstock

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'namiki'の過去記事一覧