「これは絶対に脈ナシだな」と判断すべき男性の言葉3つ【後編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

前回の記事では、脈ナシの三大NGワードのうち、「忙しい」「眠い」という2つについて、彼の本音を解説しました。

今回は最後の1つですが、こちらは前の2つよりも非常にタチが悪いです……。

 

■3:「予定がはっきりしない」

最近は、恋愛に消極的な草食男子が増えているので、女性の方からデートに誘うことも決して珍しいことではありません。また、彼のほうからデートに誘ってこないからといって、それだけで「脈ナシ」と判断するのは早計です。

ただ、あなたから「来週の日曜日に映画でも行かない?」などと誘った場合に、「その日は予定がはっきりしない」という反応が返ってくるとすれば要注意。草食男子に見せかけて、実は彼は二股男かもしれません。

つまり、あなた以外に“彼女候補”の女性(仮に“A子”とします)がいると考えられます。しかも、彼のなかで、A子のほうがあなたよりも順位が上です。

「予定がはっきりしない」というのは、彼が来週の日曜日に本当はA子とデートしたいけれど、A子を誘っても断られるかもしれないという状態を示唆します。

彼の本音は「A子がOKであればA子とデートするけれど、もしダメなら補欠のあなたとデートしてもいいよ」ということです。ああ恐ろしや。

 

■「予定がはっきりしない」が極悪フレーズな理由とは?

このフレーズ、「忙しい」「眠い」よりも非常にタチが悪いです。というのも、「忙しい」「眠い」ならば、拒絶の意思がはっきりしているので、あなたも「それなら仕方がないな」と諦めがつきやすいですよね。

しかし、「予定がはっきりしない」というのは、何とも宙ぶらりん。「No」ではなく、「条件付きYes」なので、「予定しだいではデートできるのね」とあなたに期待を持たせます。

彼からはっきりした返事がもらえるまでは、あなたは来週の日曜日の予定を空けたままにしておくでしょう。それでいて、結局「ごめん、やっぱりムリだったわ」と断られても、もともと「予定がはっきりしない」という条件付きだったので、あなたは彼のことを責めることができません。

一方、しばらく経ってから「OK」がもらえた場合はどうか? この場合、『心理学的にも「デートの誘いにすぐ返事をする」のはNG!?』でもお伝えしたように、“返事を保留されてからのOK”は“即OK”よりも誘った側の満足感が高まるので、あなたはますます彼のとりこです。

つまり、「予定がはっきりしない」というのは、人の心理をついて、関係の主導権を握るという極めて悪どいフレーズ。多数の女性をかけ持ちするチャラ男の常套句でもあります。

百歩譲って、かりに彼が二股をかけていないとしても、「予定がはっきりしない」というのは、何らかの用件とあなたとを天秤にかけていることに違いはありません。

もし逆の立場だったら、あなたは大事な用事をキャンセルしてでも、彼からの誘いに応じようとするのではないでしょうか。

いずれにせよ「予定がはっきりしない」男は、早めに見切りをつけることを強くオススメします。

 

以上、「これが頻発するなら身を引くべし!」という三大NGワードについて解説してきましたが、あなたの意中の彼は大丈夫ですか?

当記事が、彼の本音を知るうえでヒントになれば幸いです。

 

【参考】

藤田徳人/上原英範(2008)『“ちょっとした一言”でわかる恋愛心理』 大和書房