> > ねぇ…気づいてた?あの「白い液体」でハッピーな気分になると研究で判明

おすすめ記事一覧

ねぇ…気づいてた?あの「白い液体」でハッピーな気分になると研究で判明

2015/12/14 21:30  by   | 自分磨き

みなさんは、ちゃんと朝ご飯を食べていますか?

なかには、時間がなくて食べていないというひともいるでしょう。

健康のためにも、毎朝食事はちゃんととりたいところ。

ですが、なにを食べるかっていうのも大事ですよね。

たとえば、ヨーグルト。

美容のためにも、欠かせない食べ物のひとつですが、じつは驚くべき効果があるって知っていましたか?

それは、なんと幸せな気持ちにさせるというもの。

ヨーグルトを食べるだけで、幸せな気持ちになれるうえに、美容にもいいって、一石二鳥ですよね。

いったいどういうことか。

学術誌『Food Research International』に掲載された研究をもとに、紹介します。

 

■ヨーグルトが幸せにさせる

研究をおこなったのは、オランダ・ヴァーヘニンゲン大学のJozina Mojet氏らのチーム。

その研究では、同じブランド(メーカー)の異なる味のヨーグルトを食べ、その後、感情にどのような変化がみられるかが調べられたんです。

その結果、実験に参加したひとたちが、ヨーグルトを好きか嫌いかに関係なく、ヨーグルトを食べたあとは肯定的な感情状態になることがあきらかになったんです。

また、ストロベリー味、パイナップル味、バニラ味などのヨーグルトを比較すると、バニラ味で最も感情の状態がポジティブに変化したんです。

 

■ヨーグルトで幸せになる秘密

では、どうしてヨーグルトで幸せな気持ちになるのでしょうか。

ヨーグルトはなにからできているかといえば、当然ながら牛乳。つまり、カルシウムが豊富です。

カルシウムは、イライラした気持ちを落ち着かせる効果があるということは、一般的にも知られていますよね。

また、同様に、バニラの香りにも緊張を和らげる効果があることが知られています。

つまり、バニラ味のヨーグルトそのものが、一種の精神安定剤といえるような食品なわけです。

 

いかがですか。

朝食なんて食べる時間がないというひとも、明日はヨーグルトだけでも食べて出掛けませんか。

幸せな気持ちは、きっと表情に表れ、カレにもそれが伝わっていい印象を与えられるとおもいますよ。

 

【関連記事】

※ あ-ん…いや-ん!「ベッドで大声」が長続きカップルの秘訣と判明

※ そういうことだったのか…相談から「恋愛に発展」する心理的理由

※ 聞き上手ってなに?心理学で解明「相手を喜ばせる会話」のテクニック

※ たった一言で!彼との仲を「急接近させる」マジックワードとは…

※ 女の倍近くメラメラ…男は嫉妬深い生き物!その心理的な理由とは

 

【姉妹サイト】

ウワッ…落とし穴!成果出してるのに「なんかダメな人」の特徴5つ

体温35度台はヤバイ!ガンを招く「内臓型冷え性」カンタン改善策3つ

 

【参考】

※ Jozina Mojetら(2015)「Are implicit emotion measurements evoked by food unrelated to liking?」(Food Research International)

 

【画像】
Studio10Artur / Karramba Production

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'平松隆円'の過去記事一覧