これで復縁率アップ!「別れ話を切り出された」ときの正しい対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

大好きな彼から切り出された突然の別れ話。

「えっ、どうして!?」と彼を問いただしたくなりますよね。

しかし、その対応ではNGなのです。

別れ際の行動によっては、彼の中に残っていた復縁の可能性を完全に潰してしまうことすらあります。

そこで今回は覚えておいて損はない、彼から突然の別れ話を切り出された際の“正しい対応”についてみていきたいと思います。

 

■77%の女性は“振られるほうがツラい”と回答

エムスタイルが実施したアンケート調査によると、「“振る”と“振られる”どちらのほうが辛いと思う?」という質問に対して、振るほうがツラいと答えた女性は23%、振られるほうがツラいと答えた女性は77%という結果になっており、やはり振るよりも振られるほうがツラいという結果になっていました。

やはり突然の別れ話は衝撃が強く、あらかじめ別れ話を切り出された際に、どう振る舞うべきか知っておかないと、ショックのあまり取り乱してしまい、そのまま泥沼に突っ込んでしまう可能性が大きいと言えます。

 

■“あっさりとした別れ”が次の展開を左右する

突然の別れ話、彼にその理由を問いただしたくなる気持ちもわかりますが、それでは彼にあなたの嫌いなポイントを列挙させるだけになってしまい、男性にあなたのマイナスポイントを再度自覚させることになってしまいます。

ショックから抜け出せないとは思いますが、別れ話を切り出された際はなるべくあっさりと別れに同意しましょう。

むしろ、彼氏の口から別れ話が出てきそうだったら、こちらから別れ話を切り出してもいいくらいです。

こうすれば別れ話で醜く揉めて、彼の中に残っていた最後の気持ちをぶち壊す危険性もなくなりますし、あっさりと別れ話がまとまると、男性としても「えっ、本当にこれでいいのかな?」と自分たちの付き合いについて今一度考えなおす機会にもなります。

そして“お別れメール”を送るのもNGです。

「今までありがとうね」などのメールは男性にとって重いだけで、むしろ連絡を取らず「あの子、何しているのかな」と彼に考えさせるほうが、今後の展開を考えると有利に働きます。

短くても数週間から1か月ほどの期間は“冷却期間”として、連絡を一切取らないように心がけましょう。

冷静に男性と会えるようになるまで期間を開けることは大切ですし、彼も“あっさりと失ってしまった”あなたのことを考えているはずです。

1か月ほど経ってから、彼の様子を窺いつつ、彼にまだ未練がるようならば連絡を取ってみましょう。

 

いかがでしたか?

突然の別れ話の衝撃は計り知れないものです。

しかし、正しい対応さえ知っておけば、泥沼に陥ることもなく、復縁の可能性を最大限に残したままきれいに別れることが可能です。

いかに冷静でいられるか。

それが別れ話から次につなげる際の最大のポイントだと言えそうです。

 

【関連記事】

※ 嫉妬心に点火する!? 彼との関係にもう一度火をつける方法3つ

※ マジでフラれる5秒前!? 「失恋間際のカップル」末期症状3つ

※ 土壇場で大逆転!フラれそうなときに一発「反則な女のセリフ」

※ もうバレバレ!「あなたと別れたいカレ」が切り出す嘘セリフ3つ

 

【姉妹サイト】

※ 結婚しても泣くだけ!浮気を繰り返す「女グセ最悪男」の特徴2つ

※ 悲劇…!アラフォー独身女性が「5年後に結婚する」確率は4%と判明

 

【参考】

※ 「恋愛★お別れの時」 – エムスタイル

※ 知っておいて損ナシ!復縁の可能性が高まる「ウマい別れ方」3つ – Menjoy!

 

【画像】
NotarYES / Shutterstock