> > だから観るの!? 男が教えてくれない「スター・ウォーズ」の秘密

おすすめ記事一覧

だから観るの!? 男が教えてくれない「スター・ウォーズ」の秘密

2015/12/16 20:30  by   | ニュース

遂に公開されるスター・ウォーズの最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』。男性が大好きなシリーズですから「一緒に観に行こうよ!」と誘われている女性も少なくないのでは?

興味はあるけれど、あんまりスター・ウォーズに詳しくない……そんな女性は必見です。今回は男性から「お前と観に来なきゃよかった!」と言われないよう、スター・ウォーズ鑑賞前に絶対におさえておくべきポイントについてご紹介します。

 

■最低でもこれだけ観ておけば大丈夫

これまでスター・ウォーズは6作品が作られています。しかし「最初は4から観ろ」と言う人がいたり、「1から観ろ」と言う人もいたりして「どの順番で観たらいいのかわからない!」という人も多いかと思います。

というのもスター・ウォーズは4が一番最初に作られており、公開順は“4→5→6、1→2→3”という順番になっているのです。

4〜6は悪の銀河帝国と、それに対抗する反乱同盟軍の戦いを描いており、有名なダース・ベイダーが出てくるのも、この3部作になります。

1〜3はその前日譚となっており、今度公開される『フォースの覚醒』はシリーズでいうところの7に当たります。主人公たちが銀河帝国との戦いに勝利した6から30年後の話になるのです。

ですから、基本的には4〜6を観てから劇場に足を運べば問題ないはずです。

そもそも7以降は新しい話になるはずなので、「急に誘われて時間がない」という場合は過去の作品を一切見ないという“荒業”も可能と言えば可能。

その際には、“マスクや白い装甲服に身を包んだ連中は悪者、主人公たちはそれと戦う反乱軍、ライトセーバーを使うジェダイは正義の守護者”……これくらいの知識があれば大丈夫かもしれません。

 

■スター・ウォーズは特に静かに鑑賞すべし

スター・ウォーズは他の映画よりもBGMや効果音に力を入れています。

テーマソングやダース・ベイダーの呼吸音、ライトセーバーの音などを考えてみるとわかりやすいと思いますが、一発でそれだとわかる“名効果音”や“名曲”が多いのです。

故に上映中は絶対に静かにしていましょう。緊張感を伴った静かなシーンが多いこともスター・ウォーズシリーズの特徴です。

上映後に「BGMがよかったね!」と男性に感想を述べれば喜ばれること間違いありません。

またスター・ウォーズには“お決まり”のオープニングとエンディングがあり、そこがファンにはたまらないポイントになっているので、オープニングとエンドタイトルは絶対に静かにしていなければいけません。むしろそこが一番ファンの男性的には“高まる”ポイントなのです。

間違っても「宇宙空間では爆発音しないでしょ」なんて、野暮なツッコミを入れてはいけません。

 

いかがでしたか?

昔、観たことがあるという人も、一度も観たことがないという人も、間違いなくスター・ウォーズはこの冬一番の大作映画です。

男性は絶対に観に行きたいはずですから、しっかりと予習しておきましょう。

 

【関連記事】

※ 嫌な予感…スター・ウォーズ好き男子が確実にキレるNGワード4つ

※ 破局率が半分に!「寒~い冬のデートに映画がオススメ」研究で判明

※ ふたりで座ってシャンパン!いますぐ行きたい「東京の映画館」3選

※ クリスマス映画が苦手な彼も「コレだっ!」と一緒に観る映画4本

 

【参考】

※ そこで立っちゃうの!? 映画館デートでの「品のないNG行為」3つ – Menjoy!

※ 座ってるだけじゃダメです!「映画館デート」の失敗ポイント3つ – Menjoy!

 

【画像】

Ha-Wee

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'fumihira'の過去記事一覧