自分の「デリケートゾーン」が嫌いな女子県民ランキング…1位は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

デリケートゾーンのお悩みは、ひとにはなかなか相談しにくいものです。

なので、カレシとのラブタイムに関しても、「元カノと比べられてて、“ビッチ”って思われてたらどうしよう……」などと不安に陥ってしまう女性もいますよね。

日本では、「アソコの色が黒いとビッチ」などとまことしやかな都市伝説がありますが、一説によるとまったく根拠のない話だとか……。

とはいえ、カレシが都市伝説を信じているタイプだったら嫌ですよね。

このたび、『Asoko.jp(アソコ・ジェイピー)』が1,676件(2015年12月15日現在)のデータをもとに算出した『日本アソコ地図』が発表され、“自分の色が嫌いな県民”ワースト3が明らかに……。

さっそく、ランキングをご紹介しましょう。 あなたの都道府県も、ランクインしているでしょうか!?

 

■ワースト3位:香川県女子

自分のデリケートゾーンの色が「嫌い」だという県民、つまり、アソコの色に悩みを持つユーザーが所属するエリアの3位には「香川県」がランクインしたそう。

地図によると、平均のアソコカラーはダークな色味となっていました。

お悩みを持っている背景には、「黒い女子はビッチ」という都市伝説も影響しているかもしれません。

 

■ワースト2位:大分県女子

続いて、同ランキングのワースト2位には「大分県」が選出されています。

同地図によると、大分県女子の平均アソコカラーも、香川県同様にちょっとダークな色味となっていました。

やはりここでも、前述の“都市伝説”を気にしている女子が多いのかもしれません。

 

■ワースト1位:佐賀県女子

そして、ワースト1位に選ばれていたエリアは「佐賀県」という結果に……。

平均のカラーは同地図によれば、やや茶色に近く明るいイメージの色でした。

つまり、ワースト3にランクインした女子たちのカラーもそれぞれに異なる傾向があるんです。

それぞれの理想とする色によって、同じ色でもお悩みの深さが変わってくるのかもしれません。

 

以上、デリケートゾーンの色に悩んでいる女子が多いエリアのワースト3をお伝えしました。

同調査によれば、東日本よりも西日本のほうが、お悩みを抱えている女子が多い傾向にあるのだそう。

とはいえ、同地図を見てみると全国でそこまで顕著な差異はありません。

描いている理想のボディ像と比較した結果、“お悩み”になってしまっている女子もいそうですが、カレシはまったく気にしていないかもしれませんよね。

ところであなたも、ご自身のデリケートゾーンに対してお悩みがありますか?

 

【関連記事】

※ まったくエロいな~!「オトコを虜にする」女のボディパーツ3つ

※ 女性がドン引きしているのに…「オトコは自信満々なアレ」とは?

※ 93%が自信なし?男が「はじめにチェック」する意外な女のパーツ

※ げっ…ヤレなそう?「酒を頼まない女子」に対するオトコの本心3つ

※ もうバレバレ!オトコが「本気で愛している女性」にだけ許す行為3つ

 

【姉妹サイト】

やっぱり譲れないわっ!キャリア女性ほど重視する「転職の条件」トップ3

めざせ鉄メンタル!ネガティブ女子を克服するための簡単変身テク

 

【参考】

アソコ意識の都道府県別ランキング – ノイズ

 

【画像】

NinaMalyna / Shutterstock