> > じつは悪化させる原因!イライラしたときの「甘い物」に危険性

おすすめ記事一覧

じつは悪化させる原因!イライラしたときの「甘い物」に危険性

2015/12/30 07:30  by   | ニュース

スイーツが好きなひとは、少なくないでしょう。

食後のデザートは、別腹というひとも。

それとは別に、普段はあまり食べないものの、仕事で疲れたときやイライラしたときなどに、甘い物が欲しくなるというひともいるのでは。

たしかに、疲れたときには糖分補給が必要なんていいますよね。

ですが、イギリスの新聞『Daiky Mail』ウェブ版が伝えたところによれば、疲れたときやイライラしたときに、気分転換でスイーツを口にすることは、ダメだというんです。

いったい、どういうことなのでしょうか。

記事を参考に紹介します。

 

■血糖値上昇の罠

『Daiky Mail』ウェブ版の記事は、日常生活のなかで気持ちが落ち込む原因を紹介しています。

そのなかの一つとして、ドーナツを食べることを取り上げているんです。

その理由はというと、ドーナッツを食べることで血糖値は急上昇します。ですが、急上昇した血糖値は、すぐに急降下するそう。

すると、感情に作用するドーパミンというホルモンの分泌量に影響するのだとか。

つまり、血糖値の急上昇により、一時的に感情をよくすることができるものの、すぐに血糖値が下がり、また落ち込んでしまうんです。

ですので、イライラしたときに甘い物を口にするのは、その場しのぎにしかならず、すぐにまたイライラしてしまう結果に。

 

■ほかにも要注意

スイーツ以外にも、要注意な物はあります。

たとえば、コーヒーや紅茶。カフェインは、とりすぎると焦燥感が出てしまいますね。

ほかにも、タバコ。こちらも、イライラしたときにタバコを吸うというひとは多いです。欠乏したニコチンがはいることで、リラックスを感じるひともいるでしょうが、それは本質的な解決になっておらず、むしろ身体にダメージをあたえていると知っておくべきでしょう。

 

いかがですか。

スイーツも、コーヒーや紅茶も、タバコも、適量にとどめておくのが大事。

なにごとも、過ぎたるは及ばざるがごとしなんです。

 

【関連記事】

※ ヒールで調節可!意外と当たってる「カップルになりやすい」身長差

※ 和食は抜き!にしたら…「男が朝食で食べたい料理」は卵だらけ

※ 石原さとみ、有村架純に圧勝した「クリスマス一緒にいたい」3人

※ 石原さとみは「一目惚れしかない」!恋に落ちる瞬間の秘密とは…

※ 恋人を最短でつくる方法…それは「見方を変えるだけ」研究で判明

 

【姉妹サイト】

※ 一発でKY認定!? 仕事での「LINEグループ利用」でやっちゃダメなこと4つ

※ ほかにネタないの!? 日本映画が漫画の実写化ばかりな裏事情

 

【参考】

※ Why doughnuts can make you depressed…and the other surprising, everyday triggers that can cause depression –  MailOnline

 

【画像】

Pavel Sazonov / Shutterstock

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'平松隆円'の過去記事一覧