ブッフェにバイキング…食べ放題に「罪悪感の秘密」研究で判明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

太るとわかっていても、ついつい元を取ろうとおもって食べ過ぎてしまうのが、ブッフェやバイキングとよばれる“食べ放題”。

焼き肉やデザートなど、お腹いっぱい食べちゃいますよね。

ですが、食べ放題に行ったあと、後悔するひとが多いとおもうんです。「やばい太る」と。

食べてるときの幸せな気持ちは、どこへやら。

ですが、消費者心理に詳しいアメリカ・コーネル大学のBrian Wansink氏によれば、ただ単純に食べ過ぎたという事実が、ひとを後悔させているわけではないというんです。

いったい、どういうことなのでしょうか。

イギリスの新聞『Daily Mail』のウェブ版の記事をもとに、紹介したいとおもいます。

 

■食べ放題で感じる後悔

Brian Wansink氏によれば、食べ放題で後悔しないためには、できるだけ高価な食べ放題に行くこと、そして金額に見合ったものを食べることが大事だといいます。

というのも、同じ食べ放題でも、支払った金額によって、感じる後悔の程度が違うからだというんです。

ニューヨークイタリア料理店で、139名を対象におこなわれた研究の結果、8ドルで食べ放題だったグループよりも、半額の4ドルで食べ放題だったグループのほうが、同じ量を食べていても罪悪感が高かったそう。

また、食べ過ぎてしまうひとも、4ドルのグループのほうが多かったのだとか。

その理由として、ひとは金額を指標として提供される食べ物に期待します。

つまり、高額な食べ放題では高級な料理が提供されるとおもい、“味わって”食べようとします。

ですが、低価格の食べ放題では、質より量といわんばかりに食べ過ぎてしまうのです。

 

いかがですか。

「もう、食べられない!」っていうくらい、食べたい気持ちはわかります。

ですが、それが心地のいい満腹感じゃなっかたら、ダメですよね。

どんな食べ放題でも、よく噛んで、味わって食べるようにしましょうね。

 

【関連記事】

※ オシャレなだけじゃない…「シャンパンとイチゴ」に隠された秘密

※ あらま…ママびっくり!子どもができると「パパも太る」研究で判明

※ 男は女の「あなたがすべて」との告白に弱いことが明らかに

※ 「一目惚れ」させるには…?研究で判明した2つの重要ポイント

※ 彼女の好きなところ1位は「性格」だけど…男子の本音は?

 

【姉妹サイト】

TED風も夢じゃない!「人前が苦手な人」ほどプレゼン向きなワケ

「優しい男」はどこにいる?優しい男と出会えるたった1つの方法とは

 

【参考】

※ Have YOU ever suffered from ‘buffet guilt’? Eating too much can make you feel ashamed – but only if the meal is cheap – MailOnline

 

【画像】
CandyBox Images / Shutterstock