初詣に行こうよ!お正月に「意中の男性に送るべきLINE」3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

いよいよ始まる新年! 良い年にしたいですよね。

“一年の計は元旦にあり”と言いますから、年明け早々に恋愛面でも動き出しましょう。

さすがに元旦デートは難しいかもしれませんが、お正月だからこそのおめでたい雰囲気があります。

新年一発目、意中の男性にLINEを送ってみるのはどうでしょうか?

今回は過去に『Menjoy!』で紹介した情報などを交えながら、お正月に意中の男性に送るべきLINEについてみていきたいと思います。

 

■1:あけましておめでとう!

「あけましておめでとう!」というLINEを送るのに理由が必要ですか? 何の話題がなくてもお正月だからこそ送れるLINE、それが「あけましておめでとう!」なのです。

新年の挨拶を既読スルーするような無礼な男性はあまりいませんし、まずは挨拶としての「あけましておめでとう」ですから、そこから話題を盛り上げていけば「初詣いこうよ」などと話題が広がっていくことも考えられます。

1月1日の0:00に「あけましておめでとう!」と送ってもよいのですが、彼がそのあと寝てしまうことを考えると、翌朝に連絡した方がその後のLINEが続く可能性が高くなるので、朝に送ることをオススメします。

 

■2:仕事っていつから?

「仕事っていつから?」、LINEで彼の仕事始めがいつになるのか聞いてみましょう。

多くの場合、「○日から。仕事なんてしたくないよー」といった返事がくるはずですから、彼が現実を嘆いている隙に、「近いうちに飲みに行きたいね」と提案してみましょう。

お正月のおめでたい雰囲気の中、一瞬現実を思い出してしまった男性はそこから逃げ出すために「いいね、飲もう」と答えてくれるはずです。

世間話からカジュアルな感じで飲みの話に繋げるのがポイントです。

お正月に仕事のことを思い出させるのは少し可哀想ですが、これも恋の駆け引きですからしょうがないですね。

 

■3:新年会しようよ

新年の挨拶などでLINEのやりとりが続いたら、そこで「新年会しようよ」と提案してみましょう。

男性の多くは正月の雰囲気に飲まれているので「いいねぇ」と返してくれることでしょう。

この“新年会”という名前が曲者で、“会”という字が付きますから出席が義務である“会合”のような響きがあり、また“複数人でワイワイやる宴”というイメージもあります。

それ故に男性は「新年会しよう」と言われると、条件反射的にYESと答えてしまうのです。

しかし実際には二人っきりのデートにしても何の問題もありませんから、男性を誘う文句としては効果抜群です。

 

いかがでしたか?

おめでたい正月なのですから、LINEを送ってはいけない理由などありませんし、男性もどこか浮かれた雰囲気で返事をくれるはずです。

まずは年明け最初のデートを成功させて、恋愛面でもよい年にしたいですね!

 

【関連記事】

※ ねぇ…LINE教えてよ!意中の男性から連絡先を引き出すテクニック3つ

※ モテ子は自然とやってる!「相手が積極的になっちゃう」LINEテク

※ いざ勝負!あなたを本当に愛している男の「本気アプロ―チ」3つ

※ これが脈アリ!今後が期待できちゃう「彼からのLINE返信」とは

 

【姉妹サイト】

年明けに差がつく!レベルアップのために「年末年始にしたい」3つのこと

ゴボウより効果大!? 便秘には女子が大好きなあのオヤツがいいらしい

 

【参考】

※ 今夜…ノリノリ?LINE3通だけで「その気にさせる」直球テク – Menjoy!

※ 段階を踏むのがコツ!「うまいことメールで彼をデートに誘う方法」 – Menjoy!

 

【画像】

By Japanexperterna.se