アリーヴェデルチ!イタリア男でも別れたくなる「食事マナー」4つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

衣食住は人が暮らしていく上で必要不可欠なもの。

つまりそこの価値観が合わないと、一緒に暮らしていくこと=結婚は難しいということ。

そこで今回は、どんなに女性に優しいイタリア男ですら別れたくなる“最悪食事マナー”4つをご紹介いたします!

“食事マナー”は今までの育ちと癖が出ますから、今のうちになおしておかないと大変ですよ。

 

■1:ケーキのセロファンを舐める

気持ちはわかります。物凄くわかります。

美味しい美味しいホイップクリームがもったいなくて、ついつい舐めたくなるその気持ち……誰だってあるあるだと思います。

しかしやはり“食事マナー”の観点から考えるとNGだということをお忘れなく!

 

■2:超絶な偏食家

苦手なもの、嫌いなものがあるのは誰しも仕方のないことですが、アレもダメ・コレもダメばかりでは、一緒に食事している男性もいずれうんざりしてしまうでしょう。

また、「いい大人が好き嫌いを公共の場で出すなんて……」と考える人も大勢いるので、アレルギー以外はできるだけ我慢して食べるように努力しましょう。

 

■3:写真を撮りまくる

TwitterやInstagramに食べ物や飲み物の写真を載せることが、最近では一般化していますよね。

また、珍しい食べ物や綺麗な盛り付けを見たら、ついつい撮りたくなってしまうもの。

けれど高級レストランや一流の会食の場でそういった行為を見かけないように、“食事マナー”としてはあまりよろしくない行為だと肝に銘じておきましょう。

 

■4:他のお店の話ばかりする

「この間行ったお店が最高でね」「○○にあるお店行った?」「あそこの○○は今まで食べた中で一番美味しくてさぁ」

食事中に食べ物の話題が出てしまうのは仕方のないことですが、せっかく来ているお店のことはそっちのけで、他店ばかり話題に上げるのは失礼な行為です。

ちゃんと目の前のお店や料理と向き合ってこそ、一流の“食事マナー”と言えるでしょう。

 

いかがでしたか?

“食事マナー”は難しいものもたくさんありますが、基本はやはり、周囲を不快にさせないよう気を付ける、ということではないでしょうか。

この記事を参考にして、イタリア中の男を惚れさせる“食事マナー”を身につけてくださいね!

 

【関連記事】

知らずにマナー違反!「モテない女性のLINEの使い方」5つ

2度と誘いたくねぇ! 同窓会で男に嫌われる「マナー違反」4つ

それ逆効果だから!「初心者」が絶対やっちゃダメなNG恋愛テク3選

意外と厳しい!「男がカフェデートで減点する」コーヒーマナー3つ

知らずにマナー違反!「仲間にウザい認定される」鍋パNG行為4つ

 

【姉妹サイト】

※ 冬の朝にギョギョ!一気にオバ化な乾燥肌の原因は「隠れ脱水」かも

※ 人工甘味料は本当にやせるの?米国大学の調査で出た驚きの結果は…

 

【参考】

もう二度と誘われない!?男をがっかりさせる食事マナー5つ – Menjoy!

え…毎日やってた!「育ちが悪い」認定されるNG食事マナー3つ – Menjoy!
【画像】
Juice Team / Shutterstock