> > そ、そんな…夫の約4割は「妻より早く寿命を迎えたい」と判明

おすすめ記事一覧

そ、そんな…夫の約4割は「妻より早く寿命を迎えたい」と判明

2016/01/10 20:30  by   | 結婚

新しい年を迎えるときに、「今年はどんなに年にしよう」「今のままでいいのかな」と人生を見つめ直す人も多いのではないでしょうか。

今回は、オウチーノによる「“寿命”に関する実態調査」をもとに、“寿命と配偶者”、そして“寿命を迎えるまでに必ずしたいこと”についてご紹介します。

 

■男女ともに半数が「配偶者と同じタイミングで寿命を迎える」を希望

同調査の「配偶者やパートナーよりも長生きしたいと思いますか?」という質問を見てみましょう。

男性48.3%、女性48.2%が「配偶者と同じくらいのタイミングで寿命を迎えたい」と回答。男女共に半数が「配偶者とともに旅立ちたい」と考えていることがわかります。

 

■約4割の男性が「相手より早く寿命を迎えたい」!?

一方、「配偶者より早く寿命を迎えたい」と答えたのは、男性37.3%、女性23.7%という結果。男性のほうが「相手より先がよい」と考えていることに!

その理由としては「見送るのは辛い」「1人は寂しい」という声が挙がっています。男性のほうが「見送るツラさ」に耐えられないのかもしれませんね。

 

■女性の約3割は「配偶者より長生きしたい」

また、「配偶者より長生きしたい」と回答したのは、男性14.4%、女性28.1%で、女性のほうが「相手より長く」を希望していると判明しました。その詳しい理由を見てみると、最も多かったのが「看取りたい」ですが、「1人の時間を楽しみたい」という率直な意見もありました。

 

■寿命までにしたいこと、20代は「結婚」、30代で「出産」に

さらに、「寿命を迎えるまでに必ずしたいことを3つ挙げるとしたら何ですか?」という質問では、全年代を通して「旅行」が1位にランクイン。

年代別では、20代は「結婚」「出産」「孫を見る」、30代では「出産」「孫を見る」「子どもの自立を見届ける」、40代では「子どもの自立を見届ける」「安定した日々を送る」「身辺整理」となり、年代とともに、人生で何をやり残したと捉えるか、変化することがわかります。

 

若いうちはなかなか先々のことまで思い描けないものですが、新年をきっかけに“人生で必ずやっておきたいこと”を考えてみるのもいいかもしれませんね。

 

【関連記事】

ストレスに殺される?「女性の寿命を縮める」カレシの振る舞いワースト3

衝撃の研究結果…なんと「歩くのが遅い人は寿命が短い」

「結婚は人生の墓場」よりヤバイ!文学者たちのコワ~イ名言4つ

なんと「大好きな彼と○○をともにすると健康になる」と判明

愛する夫に先立たれたくないなら「朝食を作ってあげるべき」と判明

 

【姉妹サイト】

年明けに差がつく!レベルアップのために「年末年始にしたい」3つのこと

ゴボウより効果大!? 便秘には女子が大好きなあのオヤツがいいらしい

 

 

【参考】
「寿命」に関する実態調査 – オウチーノ

 

【画像】
rexboggs5

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'黒井まりこ'の過去記事一覧