束縛彼氏にNO!彼に束縛をやめてもらうための効果的なセリフとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

「今日は誰と何処に行くの? 何時に帰ってくるの?」

自分のことを好いてくれるのは嬉しいですが、自分の行動にいちいち口を出してくるような束縛の激しい彼氏を持ってしまうと窮屈で大変ですよね。

そこで今回は、エムスタイルが実施したアンケート調査の結果をもとにしながら、束縛のキツい彼に束縛をやめてもらう際の効果的なセリフについてみていきたいと思います。

 

■「あんまり束縛されると辛いの……」

彼氏の束縛が酷い場合、それを言わずに女性の中だけでため込んでしまうと、精神的なダメージも大きくなり、二人の関係が崩れてしまうことも考えられます。

やはり彼氏の束縛が酷いときには、それとなくやめてくれるように伝えるほうが良いと言えます。

そこで、まずは彼に束縛が“辛いと伝える”ことから始めてみましょう。タイミングをみて、「あんまり束縛されると辛いの……」と彼に話してみましょう。

“束縛”という言葉を伝えるだけで、「あっ! オレは束縛してたんだ」と自身の束縛に気がついてくれる男性も少なくありません。

 

■「私を信じて」

男性が束縛してくる理由の一つに、“彼女が他の男に取られたりしないか心配”というものがあります。

自分の彼女が他の男のもとに行ってしまわないか心配だから、遊びに行くのを制限したり、誰と行くのかなど詳細を知りたがるのです。

そんなときには「大丈夫だよ。浮気なんかしない」と彼に“自分を信じて”と説得しましょう。彼女がそう言ってくれるだけで安心し、束縛をやめてくれる男性もいます。

 

■「束縛するのやめてよ!」

男性の中には一般的な感覚からは想像もできないくらいに病的な束縛をしてくる人もいます。

あまりにも過度な束縛をしてくる男性であれば、別れることも考えるべきだと思いますが、それ以外が完璧だったりすると別れるのも勿体ないですよね。

それでもやはり過度な束縛にはNOと言うべきですから、過度な束縛を続ける男性には少し強めの調子で「束縛するのはやめて!」と伝えましょう。

彼があなたのことを考えてくれているのであれば、彼女からNOを突きつけられれば彼の気持ちも変わるはずです。

ここで強いNOを突きつけても改善が見られないということは、彼氏があなたのことを信じていないという意味でもありますし、今後もあなたの意見が取り入れられないお付き合いになってしまうという証拠にもなります。……そんな男と付き合い続けるのは、どうなのでしょうか?

 

束縛とは確かに彼の愛情の一面と言うこともできます。しかし、あまりにも窮屈なお付き合いだとあなたの個性や交友関係が死んでしまい、結果として彼以外の交流がなくなってしまう……なんてことも考えられます。

やはり過度な束縛にはきちんとNOと言うべきなのです。

 

【関連記事】

※ 行ってくるねー!「束縛キツイ彼氏」に笑顔で送り出してもらう方法3つ

※ スキだけど…「束縛されたくない!」ときに言うといいセリフ3つ

※ 今すぐ縁を切れ!あなたを不幸にする「束縛男」の特徴4個

※ 「ついにわかった」男性が彼女を束縛してしまう理由3つ

※ 心理学で解明!「束縛したがる人」の浮気願望が強いワケ

 

【姉妹サイト】

※ 結婚しても泣くだけ!浮気を繰り返す「女グセ最悪男」の特徴2つ

※ 悲劇…!アラフォー独身女性が「5年後に結婚する」確率は4%と判明

 

【参考】

「彼にする言動で有効なのは?」 – エムスタイル

 

【画像】

By houman_thebrave (改変 gatag.net)