> > 新年はこれでキマリ!カップルで抱くと「長続きする」2つの抱負

おすすめ記事一覧

新年はこれでキマリ!カップルで抱くと「長続きする」2つの抱負

2016/01/06 16:00  by   | カップル

新年を迎え、初詣に行って「今年こそは彼氏ができますように!」だとか「結婚話が進みますように!」と、願掛けをしてきた読者はたくさんいることでしょう。そして新たな希望を胸に、2016年の抱負を掲げている人もいると思います。

そこで、‟新年はこれでキマリ!カップルで抱くべき2つの抱負”をお贈りすることにします。

 

■1:言いたいことは3日寝かす

カップルのケンカがエスカレートする一番の原因は、言いたいことを我慢せずに、全て口に出してしまうことです。そうすると売り言葉に買い言葉で、言うつもりではなかったことまで吐き出してしまうことに……。

本音ではなくても一度口から出た言葉で傷つけば、簡単に忘れることは困難です。ということで、カップルのケンカの数を減らすのに最も有効なのが、“言いたいことは3日寝かす”というルールです。

実際に実行したら3日も寝かさずとも、1日も経てば言いたかったことがどうでもよくなったり、「言わなくて良かった!」と思うようになるものです。そして、時には言いたいことを待つことで物事を客観的に見られるようになったり、自分に否はないと思っていたのに見方が変わることもあります。

カップルで“言いたいことを3日寝かす”を実行したら、2016年にケンカが激減することをお約束します!

 

■2:昔の話を蒸し返さない

そして、カップルのケンカの大きな原因のひとつが、昔の話を蒸し返してしまうことです。特に女性は、彼に言われたりされた“あんなこと、こんなこと”をよ~く覚えていて、なにかと話に持ち出す傾向にあります。

ところが男は、自分が言ったことややったことってコロっと忘れている場合が多いので、「そんなこと言ってない!」とディフェンス姿勢に入り、ケンカがヒートアップするハメに……。女性が、“昔の話は終わったこと”と男前な態度でいることで、きっとケンカの数が減少するはずです。

彼が根に持ちやすいタイプなら、さらにカップルで、“昔の話を蒸し返さない”との抱負を強固に掲げてみてください。

 

せっかく抱負を抱いても、実行に移せなかったら何の意味もありません。おみくじで大凶を引いたって、決めたことを行動に起こせる人には福がやって来るはずです。今年はパートナーと一緒に抱負を決めて、充実した関係を育む一年にしてみてはどうでしょうか。

 

【関連記事】

正月はやっぱり太るのか…5人に1人が「3キロ以上」驚きの実態

「失敗したー!」と思ったことのあるお正月の過ごし方ランキング

デキる嫁風!正月の帰省で「お姑さんに見直される」甘酒デザート

「ダンナの実家がイヤ」という嫁必見!正月帰省で姑とうまくやる方法3つ

あーストレス!お盆休みを憂鬱にさせる「嫁ハラ」発言1位は…

 

 

【姉妹サイト】

たった30%しかいない!? 共働き妻を満足させる「イクメン夫」の条件3つ

※ この3つで失敗なし!「スイスイ歩けて美脚も叶える」靴選びのコツ

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'さとうけい'の過去記事一覧