> > フィナンシェorマドレーヌ!? 「名前を迷いやすい」食べ物3選

おすすめ記事一覧

フィナンシェorマドレーヌ!? 「名前を迷いやすい」食べ物3選

2016/01/13 11:00  by   | デート

カレとのデート中に、「あれ、なんて言うんだっけ……!?」と日本語に不安を抱いたことのある方もいるのではないでしょうか。

日本語の表現は種類が豊かですし、何気なく使っている単語がじつは間違っていたとしたら……!

密かに“イケてない女”だと思われかねず、気をつけるにこしたことはありません。

逆に、完璧なトリビアを披露できたら、彼からも一目置かれそう。

そこで、フードアナリストの筆者が、呼び方を迷いやすい食べ物を3つご紹介しましょう。

正しく使い分けができれば、彼から「デキる女だな!」と思われること請け合いです!

 

■1:おしるこorぜんざい

デート中に甘いものが食べたくなって、甘味処に寄ったことのあるカップルも少なくないのでは?

そこでよくチョイスされるメニューに「おしるこ」や「ぜんざい」がありますよね。

ところで、その違いはご存じですか?

じつは、表現方法は関東と関西でも異なるのだとか!

関東では「おしるこ」は汁気のあるもの、汁気のないお餅に餡を添えているものを「ぜんざい」と呼ぶのだそう。

一方、関西ではこしあんを使った汁気のあるものを「おしるこ」汁気があっても粒あんを用いたものを「ぜんざい」と呼ぶのだとか……!

カレの出身地によって使い分けられれば、かなり“デキる女”かもしれません。

 

■2:パンケーキorホットケーキ

ここ数年、大ブームなパンケーキやホットケーキ。

どちらも、小麦粉や卵、牛乳、砂糖などを混ぜて焼いたものなのに、呼び方が2つあって紛らわしいですよね。

現在の日本では、“パンケーキ”は薄めで甘さが控えてある食事的な意味合いが強く、“ホットケーキ”は厚く焼いて蜂蜜やメープルシロップなどをかけて食べるデザート的な意味合いが強いのだとか。

とはいえ、海外では「パンケーキ」という呼び方が主流になっています。

「パンケーキ」と言ったほうが、“こなれた女”の雰囲気が漂うかも!?

 

■3:フィナンシェorマドレーヌ

デート中のおやつに、焼き菓子を食べることもありますよね。

似たような形をしているのに紛らわしいものとして“フィナンシェ”と“マドレーヌ”があるのでは?

どちらも似たような味ですが、フィナンシェにはアーモンドパウダーが使われているので、厳密には材料が異なります。

そして、“フィナンシェ”とはフランス語で“お金持ち”という意味で、“マドレーヌ”はマドレーヌさんというひとが作ったことが語源になっているという説が有力です。

男子ってお菓子の名称に詳しくないひとも多いですから、こういう雑学をトリビア的に披露すると一目置かれそう。

 

いかがですか?

食に詳しい女性って、オトコ受けも抜群ですよね。

ぜひあなたも、さりげなく正しい呼び方を披露してみては?

 

【関連記事】

※ 私たち付き合ってるの?オトナの関係でも「告白が大切」だと判明

※ 完全保存版!シャイでも自然にできる「ボディタッチテク」12個

※ 悩まないで!「暗いし…特に優しくもない私」がモテる方法2つ

※ わかりやすっ!オトコが急にアプローチしてくる「ピュア戦術」2つ

※ 正直…全員にモテたい!オトコが「あなたのファンになる」方法3つ

 

【姉妹サイト】

※ 休み明けのダラダラ脳に!「ヤル気スイッチ」を一瞬で押す魔法テク3つ

※ 2位紗栄子よりムカつく!最新版「イラッとするママタレ」1位は

 

【画像】
Mila Supinskaya / Shutterstock

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'namiki'の過去記事一覧