「ん…チョコ?いらね」約4割の男性がバレンタイン不要だと判明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

「ん…チョコ?いらね」約4割の男性がバレンタイン不要だと判明

バレンタインデー。女性が男性に、愛や感謝の気持ちを伝える日ですよね。そのとき、気持ちだけではなく、一緒にある贈り物がされます。そう、チョコレートです。

そんなチョコレートは、男性にとって一大事。って、女性であればおもいますよね。

ですが、江崎グリコの調査によれば、今年(2016年2月)のバレンタインデーで、チョコレートをもらいたい男性は、およそ6割という結果に。

意外と、少ないとおもいませんか? いったいどういうことなのか、詳しくお伝えします。

 

■バレンタインチョコをもらいたい

調査の結果、今年(2016年2月)のバレンタインデーで、チョコレートをもらいたい男性は、およそ6割にあたる64.7%という結果でした。

これは、友チョコなどでチョコレートをもらいたいと考えている女性(70.8%)よりも、少ないんです。

バレンタインデーにチョコレートがもらえないと、男性として惨めなんじゃないんだろうかというイメージがありますが、そんなことはないようです。

とはいえ、男性がチョコレートをもらいたい相手を調べてみると、最も多いのは好きなひと・告白したいひと(25.6%)、ついで女性の友達(16.7%)、付き合っているひと(16.3%)、妻(13.8%)、母親(9.3%)でした。

上位4つは理解できますが、母親からチョコをもらいたいという男性が1割もいるというのも、驚きですよね。

これは、調査対象者が中学生から40代までと幅広いことも影響しているのかもしれません。

 

■理想と現実

理想と現実のギャップというのは、いろいろあります。それは、バレンタインデーも例外ではありません。

男性がチョコレートをもらいたいという“理想”と、実際にもらったという“現実”を比べてみると、最も差が大きいのが好きなひと・告白したいひとから。

好きなひと・告白したいひとからは25.6%と、一番ほしいチョコレートなのに実際は4.8%しかもらえないという結果。

実際にもらえたチョコレートで多いのは、母親から(23.4%)でした。

 

いかがですか。

全体としては、さほど男性にとっては気にならないバレンタインデー。

ですが、気にしている男性からすれば、すごく重要なイベントなのかもしれません。

 

【関連記事】

※ 「一目惚れ」させるには…?研究で判明した2つの重要ポイント

※ 石原さとみも有村架純も!メイクでつくれる「男ウケする」顔の特徴

※ ヒールで調節可!意外と当たってる「カップルになりやすい」身長差

※ 話の理解度までバレバレ!あなたの本心は「視線」にあらわれる

※ ムーディーな部屋は逆効果!興奮させるには「明るい照明」が正解

 

【姉妹サイト】

※ 憂鬱もスッキリ!? 休み明けは「水をたっぷり飲むべき」理由3つ

※ ゲ…間違ってた!これじゃ風邪を防げない「加湿器のNG使用法」3つ

 

【参考】

※ バレンタイン事情2016 – 江崎グリコ