競争に余裕勝ちしよう!知らぬは損「婚活を成功させる」秘訣4つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

「今年こそは結婚相手をみつける!」と婚活強化新年を実施中の皆様。

今年の目標を達成するために、具体的な作戦を練っていますか?

ただただ漠然と出会いを待っているだけではいけませんよね。

そこで今回は、ニューヨークや東京といった婚活競争率が高い都市で、様々な結婚のカタチを見聞きしたライフスタイルライターである筆者が、婚活を成功させる秘訣を伝授します。

 

1:まずは自分の結婚願望をチェック

年収が高いイケメンと結婚したい女性は山ほどいます。しかし、現実はそうもいかないもの。

あなたは「理想の相手が見つからなかったら結婚しなくてよい」と思っていますか? もしくは「理想通りじゃなくても結婚したい」と思っていますか?

まずは自分の結婚への本気度を確認して。

結婚が本当に最優先の方は、次のステップに進みましょう。

「よい人がいれば結婚する」というスタンスならば婚活をしなくてもよいのでは?

結婚したからといって幸せになるとも限らないし、離婚するカップルが多いのも事実。

お独り様でも十分ハッピーな人生を送れるので心配しないで。

 

2:自分のリーグを把握する

それでも結婚を目標に定めた方は、次に自分のリーグを現実的に把握することが重要。

過去につきあった男性を軸としましょう。

過去に自分に言い寄ってきた、もしくは自分がふられた男性のルックス、キャリア、人柄などを客観的に分析していきます。

“自分の手が届きそうな相手のプロフィール”を冷静に見つめてみましょう。

 

3:最低条件を2つぐらいに絞る

未来の旦那さんに何をされたら一番嫌なのかということから考えていくと、相手に求める条件がはっきりしてきます。

例えば、“浮気する人は絶対に許せない”というならば、年収や外見よりも“誠実さ”が第一条件。

“家事を手伝わなかろうがダサかろうが、稼ぐ旦那ならいい”と思うなら、他のなによりも“年収”にフォーカス。

“家事も育児も平等にしたい”と考えるなら、彼も同じ考えを持つことを必須条件として。

最低条件を2つか3つぐらいに留めておくとストライクゾーンが広がります。

 

4:最低条件が合う人と出会ったらまずは付き合うべし!

これ、重要です! 結婚したいと言いながら結婚していない女性は、傍からみると良さそうな相手なのに、「好きになれなかった」「生理的に顔が好きじゃない」「情熱がわかない」など些細な理由をあげて断っているのです。

恋なんてつかのまの情熱、ともいいます。

結婚したいと思っている方は、自分のリーグ内で最低条件をクリアする男性がいれば、まずは付き合ってみるのもアリ。

向こうが誘ってこなかったら自分から誘っちゃえばよいのです。

でもガツガツした印象を絶対に与えちゃだめですよ!

 

街コンなどがあふれている今、出会いを作ろうと思えば簡単。

婚活が上手くいかないと嘆いている女性は、実は自分の結婚観を認識していなかったり、理想が高すぎたりするので狙いが定まっていないのでは?

今一度、自分の婚活を振り返ってみませんか?

 

【関連記事】

ゲッ…そこ!? 婚活しているのに「結婚できない女性」の真実3つ

婚活疲労…「皆どこで知り合うの?」1位職場・うっそー2位は…

デートで悪用禁止!性欲スイッチがオンになる「テレパシー」3つ

あぁっん見ないで!オトコが言えない「女体の萎えポイント」3つ

暴発寸前!男のムラムラが止まらない「神シチュエーション」4つ

 

【姉妹サイト】

※ 憂鬱もスッキリ!? 休み明けは「水をたっぷり飲むべき」理由3つ

※ ゲ…間違ってた!これじゃ風邪を防げない「加湿器のNG使用法」3つ

 

【画像】

※ © ammentorp / 123RF.com