> > 膣トレよりラクチン?「緩んだ女性器を引き締める」すごい美容法

おすすめ記事一覧

膣トレよりラクチン?「緩んだ女性器を引き締める」すごい美容法

2016/01/25 22:30  by   | 自分磨き

女性特有の悩みといえば、いくつかありますよね。

たとえば、乳房のたるみや、乳頭・乳輪の黒ずみ。

エイジング(加齢)やホルモンの変化にともなって黒ずみの原因であるメラニンが増えることなどが原因なのですが、どうしても“夜の生活が激しいから”と考えてしまう男性は少なくありません。

そのため、乳房のアンチエイジングをしたり、乳頭・乳輪に薬を塗ったりと、日々努力している女子もいることでしょう。

そして、もう一つ。特有の悩みといえば、女性器に関するもの。

そう、膣の伸びです。膣が伸びて緩むと、彼との性生活に満足できないということも、おこりえます。

そのため、“膣トレ”に励んでいるというひともいるとか。ですが、雑誌などで紹介されている“膣トレ”の多くは、骨盤にある筋肉を鍛えるトレーニング。

じつは、膣そのものを引き締める効果を狙ったものではありません。

「じゃぁ、いったいどうすればいいの?」とおもうひともいるでしょう。

そこで今回は、膣そのものを引き締める方法を紹介したいとおもいます。

 

■ヒアルロン酸

一般的な美容外科などでは、ヒアルロン酸での治療がおこなわれています。

これは、顔などのたるんだ皮膚にハリをもたせるのと、同様の方法。

ですが、いくら美容外科の専門医による治療とはいえ、敏感な女性器に注射でヒアルロン酸を注入するって、ちょっと怖いですよね。

 

■最新のアメリカでの美容方法は?

日本で導入している美容外科は少ないのですが、アメリカでは連邦食品医薬品局が認証している高周波治療器具(ThermiVA)を用いた方法があります。

高周波治療器具といっても、歯ブラシの柄くらいの太さのスティックで撫でるように高周波をあてるだけ。

それで、大陰唇や小陰唇を引き締めることができるとされています。

これだと、ちょっとくすぐったいくらいなので、不安なく簡単に引き締めることができるそうです。

 

いかがですか。

今回紹介した美容法は家で簡単にできるというものではありませんが、もし悩んでいるのならば、検討してみてもいいかなとおもう方法。

興味があるひとは、調べてみるといいかもしれませんね。

 

【関連記事】

※ 恋愛ゲーム?「浮気してしまう男性は半数」その仕方ない理由2つ

※ 石原さとみも有村架純も!メイクでつくれる「男ウケする」顔の特徴

※ ヒールで調節可!意外と当たってる「カップルになりやすい」身長差

※ ローラが人気の秘密もコレ!男心をくすぐる「モテ女」の特徴4つ

やっ…やめてよ!オトコが遊びの女にだけする「エロいテク」2つ

 

【姉妹サイト】

※ 休み明けのダラダラ脳に!「ヤル気スイッチ」を一瞬で押す魔法テク3つ

※ 2位紗栄子よりムカつく!最新版「イラッとするママタレ」1位は

 

【参考】

※ ThermiVA – ThermiRF

 

【画像】
Galina Tcivina / Shutterstock

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'平松隆円'の過去記事一覧