愛してるよっ!冬に朗報「愛の言葉」だけで体温上昇できると判明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

寒い日が続いています。

外に出るのも、おっくうですが、大好きな彼に会えるなら、大雪でも出掛けちゃいますよね。

そして、彼に会ったとたんテンションが上がったからなのか、カラダがぽかぽかした経験、ありませんか。

パナソニックがおこなった実験によれば、愛の言葉を伝えられると、ひとの体温は約0.8℃も上昇するというんです。

いったいなぜ、そんなことがおこるのでしょうか。

理由を詳しく、紹介します。

 

■愛の言葉で温まる

実験は、愛の言葉が、ひとにどのような変化をもたらすかを、体温に着目しておこなわれました。

具体的には、感謝の気持ちや愛を言葉で伝えられる前と後とで、ひとの体温にどの程度変化があるかが調べられたんです。

その結果、愛の言葉を伝えられると、ひとの体温は約0.8℃も上昇することがわかりました。

この実験結果について、広島国際大学医療栄養学部の高尾文子氏によれば、ひとが愛情を感じたことで、脳もカラダもリラックスしたのではないかといいます。

そして、ひとはリラックスしている状態では、副交感神経が働き、毛細血管も拡張して、血のめぐりがよくなることから、愛の言葉を伝えられると、体温が上昇したんだというんです。

 

■同じ脳の部分が活発に活動している

じつは類似の研究を、カルフォルニア大学ロサンゼルス校のNaomi Eisenberger氏らが、2013年におこなっています。

それによれば、愛情を感じられる言葉を聞いたときと、温かいものをもったときに、どれくらいカラダが温まったと感じるかを比べたところ、MRIの結果から、愛情が感じられる言葉をきいたときと、温かいものをもったときに、同じ脳の部分が活発に活動していることがわかったんです。

つまり、大好きな彼と会ってカラダがほかほかするのは、彼からの愛のある言葉のせいだったんです。

 

いかがですか。

彼と一緒にいて、あなたが肌寒く感じるのは、彼から愛情の言葉が少ないせいなのかもしれませんね。

それって、ふたりの関係の注意信号です!

 

【関連記事】

※ なんでバレた!? 不倫が発覚する「4つの黄金パターン」研究で判明

※ 「今よりキレイになれる」が95%…だが間違っているソノ方法とは

※ 絶対9センチのヒールを履くべし!男にモテる「ハイヒール」の秘密

ついにわかったぞ!彼が「おもわずハグ」してくる本当の理由とは

※ ムーディーな部屋は逆効果!興奮させるには「明るい照明」が正解

 

【姉妹サイト】

ウザすぎる~!と思ったら…職場の「困った同僚と上手く付き合う」コツ

1位は「B型末っ子×AB型末っ子」兄弟×血液型でみた相性ランキング 

 

【参考】

※ 『LOVE THERMO #愛してるで暖めよう』 – パナソニック

※ Naomi  Eisenbergerら(2013)「Shared Neural Mechanisms Underlying Social Warmth and Physical Warmth」(Psychological Science)

 

【画像】

Svitlana Sokolova / Shutterstock