> > プロの裏ワザ!簡単にトレンド顔になれちゃう「メイクテク」3つ

おすすめ記事一覧

プロの裏ワザ!簡単にトレンド顔になれちゃう「メイクテク」3つ

2016/01/29 11:00  by   | 自分磨き

1月24日、テレビ東京スタジオ内にて『2016 第25回 たかの友梨エステティックシンデレラ大会』最終選考会が行われました。

司会には石田純一・はるな愛・紺野あさ美テレビ東京アナウンサー、審査員に中村昌也・森下千里・南雲吉則さん(医師)・ピカ子さん(メイクアップアーティスト)。

グランプリはプレスの投票で、フォトジェニック賞を受賞した中村真由美さん(24歳)がダブルでの受賞。

フォトジェニック賞の表彰時に「せっかくなのでもっとグラマラスに」ということで通常メイクの後でもプラスオンするだけで、トレンド顔になれちゃうテクを、受賞した中村さんにピカ子さんが実際にメイクしながら披露してくれました。

トレンド顔になれちゃうテク、読者のみなさんにもご紹介いたします。

 

■エキゾチックな眉毛

まずは華やかでグラマラスな眉毛の作り方です。

「アイブロウパウダーで眉毛全体にボリュームをつけてから、真ん中の眉の芯の部分をジェルで引くのがポイント」

「こうするコトで存在感が増して、エキゾチックな美人眉になります」

ふむふむ、やはり眉ペンシルで書くだけではダメなようです。自然に仕上げるためにはひと手間が大事なワケですね。

2016年度は細眉がまた来るかも? ともいわれていますが、引き続き存在感のある太眉は、ナチュラルな美人眉として多くの芸能人やモデルにも多いですね。

 

■ブラウンシャドウで目力アップ

続いて、自然に目力アップできる裏ワザを披露してくれました。

「目のキワにブラウン系のアイシャドウをアイラインを引くように足します。寒色系はダメ、赤みのあるブラウンでね!」

通常メイクにプラスオンしたアイシャドウですが、確かにとても自然な仕上がりでした。

「アイシャドウの質感はマットが今風。パールやスパーク系は古くさいから注意!」とのこと。

 

■インパクトある赤リップ

最後に絶賛ブーム中の赤リップの作り方です。

「口紅やグロスよりもペンシルで描くのがオススメ! 落ちにくいし、今のトレンドは断然マットな仕上がりです」

「オススメは『MAC』のリップペンシル。コレで気持ち大きめにリップラインを描いてリップ全体を塗りつぶします。気持ち大きめだけども、大きくなり過ぎないように注意してね」

アイシャドウもリップも今のトレンドは“マット!”と強調していたピカ子さん。ソレに対してはるな愛は「やだ~私、今日グロスつけちゃってる~」と苦笑い(笑)。

難易度が高そうにみえる赤リップですが、流行っている今こそチャレンジしてみたいですね!

 

去年までブームだったおフェロ・イガリメイクは、血色の良さを強調するために肌やリップのツヤ感も大事にしていましたね。

今はマットがトレンドとのコトなので、アンテナ高いイマドキ女子は大変そうです(笑)。

ですが赤リップは『Menjoy!』過去記事でも“七難隠す”と判明されているため、挑戦する価値はありそうです!

 

【関連記事】

1位は納得?矢口真里の復帰を「誰より悔しがってそうな」芸能人

ファッ…30代は半数以上?「今まで運命のひとに何人出逢ったか」

※ わっ…イイ男がこんなトコに?ガチ実録「合コンサービス」特徴4つ

※ イラッ…既婚者は未練タラタラ?「元恋人をSNSで検索」する割合

あぁん…でもマジだるぅ「女がノラないエッチでするコト」3選

 

【姉妹サイト】

※ 憂鬱もスッキリ!? 休み明けは「水をたっぷり飲むべき」理由3つ

※ ゲ…間違ってた!これじゃ風邪を防げない「加湿器のNG使用法」3つ

 

【参考】

流行している今こそチャンス!「赤い口紅は七難隠す」調査で判明 – Menjoy!

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'takara0722'の過去記事一覧