> > これで一気読み!連載小説『AFTER』目次ページ

おすすめ記事一覧

これで一気読み!連載小説『AFTER』目次ページ

2016/01/25 18:00  by   | ニュース

毎日21時更新! 全32回の連載でおとどけしている話題の連載小説『AFTER』の目次ページです。見逃した回があったら、コチラから一挙にチェック!

あのときのセリフがまさかの伏線かも……!?

 

■はじめに……『AFTER』とは?

全世界の女性が注目中! 書籍はアメリカ、ヨーロッパ、オセアニアで刊行と同時にブックランキングの1位入り、アメリカの小説サイト『wattpad』ではなんと10億読者を獲得。パラマウント社がいち早くその映画化権を獲得するなど、今一番ホットな恋愛小説です。

 

(目次)

■第1回:すべて計画通り!「人生でもっとも大切な日」にオールAの彼氏

母の夢だった大学に合格したテッサは、大学生活初日も、いつものように“計画通り”。優等生な年下ボーイフレンドのノアと、母とともに3人で、新生活が始まる大学の寮へと向かう。

 

■第2回:え…なんで男子生徒が!? 「信じられないルームメイト」に大混乱

初めての大学生活にドキドキを感じながらも、いつものように“計画通り”の主人公テッサ。しかし、そこで待ち受けていたのは“計画通り”にならないルームメイトとその友人たち……。

 

■第3回:うそ…もしかして!? 悲劇「男女共同シャワー」で濡れちゃった

まさかの共同シャワールーム! 動揺したテッサは、脱いだ服を床に落とし、びしょびしょに濡らしてしまいます。タオル1枚を身体に巻き、急いで自分の部屋に戻ると、なんとベッドにいたのはルームメイトのステフではなく、例のタトゥーをした無礼な茶髪の男子……!

 

■第4回:「まだか?」にぷちっ…タトゥー男子がいる部屋で着替えることに

タオル1枚の恥ずかしい姿をハーディンに見られ、さらには同じ部屋で着替えするはめになってしまったテッサは、のんきに戻ってきたルームメイトのステフから、夜のパーティーに誘われます。最初は拒絶しますが、ムカつくけど気になるハーディンの車に乗るように誘われ……。

 

■第5回:「まさか…それを着ていくの?」パーティーの準備で口をあんぐり

パーティーの支度をはじめるテッサとステフは、お互いに着ていく服を見て口をあんぐり。「まさか、それを着ていくの?」。そうこうしているうちに、ネイトの車が到着。ハーディンがいないことにほっと安心するテッサですが、実は……?

 

■第6回:膝にまたがってキス!? ベッドで「ピンクの小さな悪いヤツと…」

パーティー会場であるフラタニティハウスについたテッサは、澄まし屋(ミス・プリス)とからかわれ、ステフたちのグループから離れる。ひとりでバスルームを探して、たどり着いたのは運が悪いことにベッドルーム。しかもそこにハーディンがいて……?

 

■第7回:グログロ…ぐるぐる〜!「ろれつが回らなくなって」自ら下半身を…

乱痴気騒ぎが続くパーティー。ルームメイトのステフは酩酊状態でろれつも回らず、男子と体をまさぐり合っていたが、倒れ込み、嘔吐の後、意識を失ってしまう。そんなステフを介抱するために、ネイトに言われ、テッサが向かった部屋にあったのは……?

 

■第8回:えっヒドすぎる!「おれといちゃいちゃしたいなら…」に泣きそう

勝手に部屋に入られ怒りのハーディンに追いつめられるテッサは、「きみがおれといちゃいちゃしたいなら、申し訳ないけど、好みのタイプじゃない」と言われ、返す言葉も見つからず、部屋から出る。不愉快な気分で精神的にもぼろぼろにされたテッサは階段の下り口に向かいながら泣いてしまう……。

 

■第9回:ヤダ触らないで!「彼氏と電話中なのに」力任せでバスルームに…

バスルームで彼氏のノアに電話するテッサだが、夜遊びを軽蔑するような口調で話され、腹が立ってしまう。と、その時、がちゃがちゃとドアのハンドルが鳴り、力任せにノックをして、入り込んできたのはハーディンだった!

 

■第10回:くだらない…なんなのよ!温厚な少女が激怒した「悪メンの返事」とは

大学での授業一日目を迎えたテッサは、自分と同じ“真面目な”タイプのライドンと出会い、意気投合。しかし、ホッと安心するのも束の間、そこにまたハーディンがあらわれて……!?

 

■第11回:やめて…あなたとは違う!引き出された「わたしのなかの最悪の部分」

英文学の授業で一番仲の良いランドンが実家に帰ってしまったため、隣の席に座ったハーディンと気まずい時間を過ごすはめになったテッサ。しかし、来週の授業が大好きなジェーン・オースティンの『高慢と偏見』と聞き、思わず小さく歓声をあげる。

 

■第12回:なにこれ…真っ黒!? 断れない状況に「取っ替え引っ替え」の話

いつになく仲良く『高慢と偏見』について語り合うテッサとハーディン。そこにボーイフレンドのノアから電話が。なぜか罪悪感を抱くテッサだが、“弟”のようなノアの言動にイラだってしまう。寮の部屋に戻り、またもやステフからパーティーに誘われたテッサは、ひょんとしたことから、行くはめに……。

 

■第13回:きみはバージンか…チェック?「危険なゲーム」はセックスまみれ

テッサは、ハーディンにからかわれ、<真実か挑戦か>ゲームをすることに……。まわりがキスしたり、一気飲みしたり、服を脱いだり「挑戦」する中、テッサは「まだ処女です」と「真実」を告白する。そして、ついに「挑戦」することに……!

 

■第14回:キスして!「ダメよボーイフレンドがいるから…」危険な挑戦ゲーム

<真実か挑戦か>ゲームで、ハーディンとのキスをモリーから強要されそうになり逃げたテッサだが、ゲームで飲まされたウォッカの影響か、ハーディンのことばかり考えてしまう。そして、自らの意思で行き着いた先は、“ハーディンの寝室”……!?

 

■第15回:ご…ごめんなさい、あの…!「禁断の部屋」で泣き叫ぶ処女の告白

勝手に寝室に入り込んだテッサに、ハーディンは「出ていけ!」と激怒しますが、テッサは、「なぜ、わたしのことを好きになってくれないの?」と逆に問い詰める。言い争いの末、また涙を流してしまったテッサは、部屋から出ようとするが、具合が悪くなり、ハーディンから看病されることに……。

 

■第16回:ヤダ放してよ!「またしても帰れない状況」で腕が伸びてきて…

ハーディンと言い争いになり、水の入ったコップを投げつけ、部屋を飛び出したテッサは、イケメングループのゼットとローガンたちと合流し、楽しい時間を過ごす。そこにハーディンがあらわれ、テッサの腕をつかみ、憎まれ口をたたくが、テッサはハーディンをいらいらさせるために、ゼッドの元へ戻り、ふたりで部屋を探しにいくことに……。

 

■第17回:ヤダ助けて…「乱暴するつもりはない」密室で襲われ…ついに!

酔っぱらった男子に犯されそうになったテッサは、ハーディンの部屋に逃げ込んだ。いつになく優しいハーディンを見つめ、自制心と欲望がせめぎ合いに惑うテッサだったが、やがて自制心が負け、ふいを突くように、自らハーディンに口づけするのだった……。

 

■第18回:こんなの初めて…「脳の機能が停止して」駆け抜ける衝撃と興奮

ついにハーディンとキスをしたテッサ。駆け抜ける衝撃と興奮に、全身から力が抜けてしまいます。「こんなキスをしたのは初めてだ……」。それでも途中でボーイフレンドのノアを思い出したテッサは、必死でハーディンを拒絶しようとするのですが……?

 

■第19回:直接対決!昨晩のキス相手vs.「ボーイフレンド&お母さん」の乱

ハーディンの部屋から飛び出し、やっとのことで自分の部屋へ帰り着いたテッサをベッドで待ち受けていたのは……なんとハーディン! 心配で一晩中探しまわったという。そこに、怒り心頭で乗り込んできたお母さんとノアと対面したハーディンは?

 

■第20回:え…どうしたの?みんなの見てる前で「彼氏とキス」する理由

朝帰りした上に、不良のハーディンが同じ部屋に……そんな絶悪な状況でお母さんとボーイフレンドのノアが突然訪問してきて、大ピンチに陥ったテッサ。散々説教された後、ノアと久しぶりにデートすることに。そして、ハーディンとのキスを頭から振り払うため、ノアにキスしようとするのだが……?

 

■第21回:とにかく…お願いだからキスして!「ゆうべはあなたを裏切ったの」

燃え上がるようなハーディンとのキス、そして、何も感じなかったノアとのキス……。テッサの波乱だらけの週末は終わり、また新しい1週間がはじまった。英文学の授業で、ライドンから、ハーディンの父親と彼の母親が交際していることを聞かされたテッサは……?

 

■第22回:両手首をつかまれて…!彼と壁の間に閉じ込められ「危ないキス」

授業が終わり、部屋に帰ったテッサは勉強の前に仮眠をとるが、十分もたたないうちにドアをノックする音が。意識朦朧としたままドアを開けると、そこにいたのは、なんとハーディン。少しの小競り合いの後、ハーディンはテッサの両手首を押さえつけ、強引にキスをする。そして、唇を重ねたまま、ふたりはベッドへと歩いていった。

 

■第23回:どこまでいくの…!? 半裸で抱き合うふたりに「乱入者が登場」

部屋でハーディンと熱いキスをしていたテッサだが、そこにルームメイトのステフが戻ってきて、すべてを見られてしまう。面白がり詮索するステフを背に、ハーディンは部屋から出ていくが、残されたテッサはステフとハーディンについて語り合う。そこで暴かれるハーディンの女性遍歴とは……?

 

■第24回:「逃げられると思うのか!」ダメ…クラスメイトに全部バレちゃう

2回キスをしたものの、会えば衝突ばかりのテッサとハーディンは、文学の授業中に大ゲンカ。『高慢と偏見』の登場人物たちと自分たちを照らし合わせ、言いたいことを言い合った結果、クラス中の笑いものになってしまう。たまらず飛び出したテッサを、ハーディンは追いかけるだが……?

 

■第25回:ほら…あそこがうずくだろ?「お願いもうやめて」でも逃げられない

授業中に言い合いとなり、飛び出したテッサを追いかけたハーディンは、人だかりを離れ、建物と建物の間にテッサを連れ込む。「おれのことを思うと……ほら、あそこがうずく。そうだろう、テレーサ?」否定したいけど図星をつかれたテッサは、だんだんと正直にハーディンと話しはじめるのだった……。

 

■第26回:もう逃げられない!「ふたりで楽しいこと…」しかけられたアラーム

授業中の大ゲンカの後、話し合いを経て、ようやく心を開きはじめたテッサとハーディン。スケジュールをスマホのアラームで管理しているテッサに、ハーディンは、「明日の授業が終わったらふたりで何か楽しいことをする、というアラームをセットしてくれ」。はたして、ハーディンの言う“楽しいこと”とは?

 

■第27回:「今夜はおれとデートだぞ」に口あんぐり…デートじゃないでしょっ!?

「今夜はおれとデートだぞ」。いつになくご機嫌なハーディンだが、自分の父親とライドンの母親の関係をテッサが知っているとわかると急に不機嫌に……。「やっぱり、やめだ」。しかしゼッドとトリスタン、ステフから「みんなで映画に行く」と聞くと、「テッサとおれは予定がある」と言い放った。

 

■第28回:嫉妬で連れ出され…ふたりきりのドライブ「とにかく好きなの!」

「授業が終わったら、ふたりで何か楽しいことをする」そう約束していたテッサとハーディン。テッサを車で迎えにきたハーディンは、うるさいロックをかけながら、人気のない場所へ向かう。誰もいない静けさの中、テッサはハーディンのことよりも、抑えのきかない自分が何をしでかしてしまうか不安だった。

 

■第29回:「ブラとパンティになれよ…」ついに覚悟を決めて思考停止した

ハーディンがテッサを連れて行ったのは、なんと川だった。水着がないというテッサに、「ブラとパンティになれ」と言う。下着ではなく、ハーディンのTシャツを借りることになったテッサだが……?

 

■第30回:もう止まらない「瞳孔がすっかり開いて」おれに何をした!?

ついに覚悟を決めて川に入ったテッサ。最初は戸惑いながらも、ハーディンとふざけ合い、楽しい時間を過ごしていた。しかし、ハーディンの両親の話に触れてしまい、また険悪なムードになりかける。仲直りのために、じゃれ合ったふたりは、やがて一線を越えそうになり……。

 

■第31回:「セックスするつもりはない」屈辱を与えられ初めてのオーガズム

ついにひとつになろうとするテッサとハーディン。川岸に着くと、毛布の代わりにシャツを地面に広げる。「横になれ」「おれの前では隠したりするな」「セックスするつもりはない」。ハーディンの言葉に翻弄されるテッサは、いやらしい指の動きに、ついに生まれて初めての絶頂に達してしまう……。

 

■第32回:何…いまのって?初めての絶頂経験「おれのためにいってくれ」

生まれて初めての絶頂を経験したテッサは動揺を隠せないものの、「いっしょに夕食でもどうか」というハーディンの優しさに触れ、落ち着きを取り戻す。そして、ハーディンという存在が、いつも自分を動揺—笑い、泣き、怒鳴り、叫ぶ—させ、生きている実感を与えていることに気付くのだった。

 

■To be continued…

『AFTER』公式サイト・・・初めての絶頂、そして生きている実感。ひとまず区切りのふたりの物語ですが……実は、まだまだ続くのです! 『AFTER』公式サイトは、著者アナ・トッドのインタビュー、映画化・最新巻情報、各巻の読みどころなど、『AFTER』のすべてがわかる『AFTER』ファンのための特別サイト。テッサとハーディンの未来はいかに……!? お見逃しのなきように!

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'Menjoy!編集部'の過去記事一覧