> > どういうこと?愛妻家男性が「中年以降に浮気をする」と調査結果

おすすめ記事一覧

どういうこと?愛妻家男性が「中年以降に浮気をする」と調査結果

2016/02/03 16:00  by   | 結婚

なにかと世間を騒がせている、不倫や浮気。

賛否両論ありますが、少なくとも、自分が不倫や浮気をされる側にはなりたくないですよね。

ずっと、彼には自分だけを愛していて欲しいと願って当然です。

そんな、妻のことだけを愛し、大切にしている男性のことを、愛妻家とよびますが、クリエイティブサーベイの調査によって、驚愕の事実が判明しました。

なんと、愛妻家の男性でも、中年以降に妻以外の女性と肉体関係をもつということがわかったんです。

「それって、愛妻家じゃないよな」っておもいますよね。いったい、どういう事なのか。調査結果をもとに、詳しく紹介します。

 

■愛妻家と夜の営み

20代~50代の、子どもが1人以上いる既婚男性600名を対象に、夜の営みについて調査がおこなわれました。

その結果、愛妻家は週に1~5回が最も多い結果に(48%)。その一方で、愛妻家でない男性は週に0回が一番多い結果でした(57%)。

つまり、“妻への愛情の高さ”に応じて、夜の営みの回数も変化することがわかったのです。この結果自体は、想像通りといえますよね。

妻のことが好きだから、それだけ愛しあう回数も多いんだと。

 

■愛妻家の本性とは……!?

ところが、結婚してから「妻以外の女性と関係があったか」について質問すると驚愕の事実が。

愛妻家の20代と30代では、経験があると回答したひとが13%に対して、40代になると25%、50代では35%と、40代を境に増加傾向があることがわかったんです。

ちなみに、愛妻家でない男性の場合は、20代が15%、30代が27%、40代が39%、50代が50.70%という結果に。

こちらは、妻のことを愛していないので、別の女性と関係を持っていたとしても驚きはしないのですが、愛妻家であっても妻以外の女性と関係を持つ男性は年齢に比例して増えていったんです。

そして、愛妻家とそうでない男性を同じ世代で比較しても、その割合はそんなに変わらないという事実。

その理由については、調査結果ではあきらかになっていません。

妻との営みがマンネリ化して、別の女性に刺激を求めているのか、そもそも男は“浮気性”だということなのか。

 

いかがですか。

うちの彼は、愛妻家だからという安心は、どうやらできないようです。

 

【関連記事】

※ ついにわかったぞ!彼が「おもわずハグ」してくる本当の理由とは

※ 絶対9センチのヒールを履くべし!男にモテる「ハイヒール」の秘密

※ 恋愛ゲーム?「浮気してしまう男性は半数」その仕方ない理由2つ

※ シブヤ的群衆行動は「かならず」モテる!そこに隠された心理とは

※ なんでバレた!? 不倫が発覚する「4つの黄金パターン」研究で判明

 

【姉妹サイト】

ウザすぎる~!と思ったら…職場の「困った同僚と上手く付き合う」コツ

1位は「B型末っ子×AB型末っ子」兄弟×血液型でみた相性ランキング 

 

【参考】

※ 愛妻の日に関する意識調査 – クリエイティブサーベイ

 

【画像】
maxriesgo / Shutterstock

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'平松隆円'の過去記事一覧