元気よく1日を始めよう!習慣にしたい「毎朝のルーチン」4つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

仕事の日の朝って休みの日の朝に比べると、少し憂うつな気分になっちゃう人って多いのではないでしょうか。

何ごともスタートが大切ですが、1日の始まりである朝を元気に始められたら、残りの1日が、きっとイキイキと充実したものになるはずです。

そこで、海外恋愛情報サイト『Lovepanky』に掲載された記事を参照に、“元気よく1日を始めよう!習慣にしたい毎朝のルーチン4つ”をお届けします。

 

■1:起きてすぐにグラス1杯の水を飲む

朝起きてすぐに、グラス1杯の水を飲んだら胃腸が働き出すので、出かけるまでにお通じがあって、スッキリした気分で1日を過ごせるようになります。

会社や学校ではナカナカゆっくりと用を足せないし、変に我慢していると便秘の原因にも……。

冷たいグラス1杯の水、もしくはお茶を一気飲みすることで、就寝中に発汗して、体が水分不足になっている分も補うことができます。

 

■2:鏡を見ながら自分に笑いかける

ちょっと落ち込んだ時でも、無理やり笑えば気持ちがアガると言うように、笑顔ってハッピーな気持ちになれるパワーの源です。

顔を洗ったり歯を磨いたりする時に鏡を見ながら、思いっきり自分に笑いかけてみてください。

誰もあなたに笑顔を見せてくれない日があるなら、自分で自分に微笑みかければ良いのです。

自分に笑いかけられるようになったら、人にも笑顔を贈られるようになるし、あなたから笑顔を伝染させちゃいましょう!

 

■3:朝日を浴びる

朝日を浴びると、脳からセロトニンという物質が分泌されます。

セロトニンは精神を安定させる効果があるため、“幸せホルモン”と呼ばれているのですが、セロトニンは夜間には作られません。

朝日を浴びることで刺激され、セロトニンが活発に働き始めるので、朝日に向かって大きく深呼吸しながら1日を始めてみましょう!

 

■4:朝ご飯をしっかり食べる

バタバタと忙しい朝は、ゆっくりと朝食を取る時間ってないかもしれません。

ですが、1日のエネルギーを蓄える朝食は、一番大事な食事です。

バナナやトースト、スクランブルエッグやヨーグルトなど、簡単に食べられる物を食べてもOKだし、前の日の晩御飯を多めに作っておいて、朝チンするのも良いでしょう。

とにかく、しっかりお腹を満たしてから出勤することが大切です。

 

1日のスタートの仕方が悪いと、残りの日にも響いてしまいますよね。

毎朝のルーチンで1日が充実したものになって、それが習慣になれば、1年365日を明るく元気に過ごせそうです!

 

【関連記事】

ルーチンを破れ!シングル女子が「すぐ捨てるべき」2つのダメ習慣

げっ…全部やってた!「体がサビてボロボロに」最悪NG習慣4つ

※ 剃り残しがむしろエロい!? 男がムラムラする「女のボディパーツ」

大人になろう!今すぐにやめるべき「子どもっぽい恋愛習慣」3つ

5年後が恐怖!あなたの顔が「妖怪ケミ子になる」恐怖のNG習慣とは

 

【姉妹サイト】

焼肉の食べ過ぎを「なかったこと」に!脂質を流す魔法の飲み物とは

※ プロが愛用!退勤時まで「リップが美しく持続する」アイテム3つ

 

【参考】

11 Quick & Easy Morning Routines to Jumpstart a Great Day – Lovepanky

 

【画像】
Vitalinka / Shutterstock