この褒め言葉を覚えよう!「さしすせそ」に隠されたモテる秘密

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

“さ・し・す・せ・そ”……といえば、料理の基本となる調味料のこと。“さとう・しお・す・しょうゆ・みそ”のことですよね。

この、“さ・し・す・せ・そ”。じつは、男女の関係においても、すごく重要なキーワードって、知っていましたか? いったい、どういうことか。

詳しく紹介します。

 

■言葉の調味料

男女関係における“さ・し・す・せ・そ”とは、会話のリアクションの仕方なんです。具体的にいえば、褒め言葉。男性は、一般的には自分が優位でありたいと考えます。支配欲が強く、主導権を握りたいんです。

そんな欲求を満たしてあげれば、当然男性は気持ちよくなりますよね。すると、あなたと一緒にいて楽しい・心地がいいと感じ、好意をもたせることもできるでしょう。

そのために必要なのが、男性を持ち上げる言葉。つまりは、褒め言葉なんです。

 

■“さ・し・す・せ・そ”の褒め言葉

ですが、男性を褒めるって、簡単そうで難しいですよね。そんなひとにこそ、“さ・し・す・せ・そ”を心がけて欲しいんです。

たとえば、次のような言葉。

さ「さすがですね」

し「知らなかったです」「信頼していますから」

す「すごいですね」「素敵です」

せ「センスがいいですね」

そ「そうなんですか」「尊敬します」

どうですか。

“さ・し・す・せ・そ”ではじめる言葉には、相手を持ち上げる言葉が結構あります。なんて、反応したらいいかって悩んだら、“さ・し・す・せ・そ”ではじめる言葉を考えればいいんです。

 

■“た・ち・つ・て・と”はダメ

反対に、オススメしないのは“た・ち・つ・て・と”からはじまる言葉。

「だって」とか、「違いますよね」とか、「でも」といったように、相手を否定するような言葉は、ダメですよね。

こういった言葉は、男女関係だけではなく、友達やビジネスでもオススメできません。

 

いかがですか。コミュニケーションは、ちょっとした言葉で変わります。何気ない一言を、気をつけるようにしましょうね。

 

【関連記事】

※ シブヤ的群衆行動は「かならず」モテる!そこに隠された心理とは

※ 「えっ…義理チョコですけど!」勘違いしちゃう男子は42.3%

※ 家で焼けちゃう!「モチ+ワッフル=モッフル」の公式を覚えよう

※ プラネタリウムにチョコレート工場!「空港デート」に惚れたーっ

※ 「ん…チョコ?いらね」約4割の男性がバレンタイン不要だと判明

 

【姉妹サイト】

※ カビ臭や納豆臭がぷぅ~ん…知らずに体臭キツ子になってる悪習慣4つ

仕事がハードでも!「アラサーから出会いを引き寄せる」ハッピー習慣